吹き出物ができやすい体質って遺伝するの?

吹き出物の直接の原因は、毛穴に皮脂がつまることです。
そのため皮脂の分泌が活発な人は、どうしても吹き出物ができやすくなります。

吹き出物自体が遺伝することはありませんが、
皮脂の分泌の仕方は遺伝する可能性があるので、
その意味では、吹き出物ができやすい体質が遺伝してしまうこともあるでしょう。

ただし皮脂量は遺伝の影響よりも、
年齢や生活習慣など、様ざまな状況で変化するものです。
もともとは皮脂量が少ない人でも、
環境が変化すると急に皮脂量が増えることもあります。

さらに吹き出物ができやすいかどうかということになると、
家系的な影響よりも、環境の影響の方が大きくなるので、
あまり遺伝については気にする必要はないでしょう。

遺伝よりも毎日のケアの方が大切

上に説明したように、吹き出物の原因は、遺伝よりも環境の影響が大きいので、
吹き出物対策には日ごろのケアが大切です。

まずは吹き出物の直接の原因になる、皮脂量を増やさないために、
食事や生活習慣を整えたり、ストレスをためないようにしましょう。

とくに大人の吹き出物は、心身の影響を大きく受けるので、
体の内側から原因をためないようにすることが大事です。

また肌ケアとしては、洗浄力の優しいクレイタイプなどの洗顔料で肌を清潔に洗い、
洗顔後は保湿をしっかりして、肌を乾燥させないように気をつけましょう。
間違った素肌ケアをしていると、吹き出物ができやすく、治りも悪くなります。
大人の吹き出物はくり返しやすいため、正しい素肌ケアが思春期以上に大切なのです。

ページの先頭へ戻る