誰の肌にでもいる常在菌って悪い菌なの?

常在菌とは肌に常に存在している細菌のことです。
皮脂を栄養源にしていて、皮脂が毛穴につまると中で増殖し、吹き出物の原因になります。

皮脂の毛穴づまりは、皮脂が過剰に分泌されると起こりやすくなりますが、
皮脂が増えると常在菌も増殖するので、その結果、吹き出物が増えてしまうんです。

吹き出物の原因になるのは、アクネ菌やマセラチア菌、黄色ブドウ球菌などです。

アクネ菌は初期段階の吹き出物の原因になる菌で、顔にたくさん生息しています。
毛穴に皮脂がつまると、皮脂と結合して吹き出物の原因になります。

マセラチア菌もニキビの原因になる菌の一つですが、
顔よりも体にたくさん生息しているのが特徴です。

黄色ブドウ球菌は吹き出物を悪化させる恐れのある菌で、
吹き出物に黄色ブドウ球菌が進入すると、炎症が悪化します。
一旦、菌が増殖すると患部が化膿して、黄ニキビなどに至ることもあります。

常在菌がなくなると、逆に吹き出物がふえる?

しかし常在菌が、肌に悪いとばかりは言い切れません。
常在菌には肌を外的から守る大切な役割もあるからです。

そのため全ての菌を殺してしまうと、肌の抵抗力が落ちて、
肌トラブルが起こりやすくなることも。

吹き出物が悪化して炎症や化膿に至ると、
抗生物質などで菌を殺して治療することがありますが、
菌を殺しすぎてしまうと、かえって吹き出物が悪化することもあるので、
薬の使い方には注意が必要です。

皮脂も常在菌も、適度な量を保つことが、肌の健康につながります。
生活習慣を改善したり、正しい肌ケアで、皮脂と常在菌をコントロールすることが、
吹き出物対策には大事なんです。

ページの先頭へ戻る