吹き出物が一番できやすいのは体のどこ?

吹き出物ができやすい部位は、顔の下半分のゾーンです。
つまり頬、フェイスライン、口の周りやあごなどには、
吹き出物ができやすくなります。

というのも吹き出物は、皮脂が毛穴がつまることが原因になるため、
毛穴の小さいこれらの部位には、どうしても吹き出物ができやすくなるのです。

思春期の頃は汗をたくさんかくので、
汗腺の働きが活発なおでこなどにもニキビができやすいのですが、
20歳を過ぎてあまり汗をかかなくなると、顔の下半分の肌トラブルが増えてきます。

もともと顔下半分のゾーンは、ふだんはあまり汗をかかないので、
毛穴が小さく、皮脂が増えるとすぐに毛穴づまりを起こして、
吹き出物が悪化しやすくなります。

思春期のときにはニキビが出来なかった人も、
大人になってからは、顔の下側に吹き出物が増えることがあるので注意しましょう。

吹き出物ができやすい部分の特徴と対策

吹き出物の原因は、毛穴に皮脂がつまることです。
そのため皮脂が過剰に増えると、毛穴がつまりやすくなり吹き出物が増えることがあります。

とくに毛穴の小さい顔の下半分ゾーンは、
少しの皮脂増加でも毛穴づまりを起こしやすいので注意が必要です。

大人になってからの吹き出物は「ストレスニキビ」とも言われるように、
ストレスや生活習慣が大きく関係しています。
というのも、ストレスや生活習慣の乱れが、皮脂分泌を促す原因にもなるので、
ストレスがたまると毛穴がつまって吹き出物ができやすくなります。

その上女性の場合は、長時間のメイクで頻繁に毛穴を塞ぐので、
吹き出物の治りが遅くなり、炎症を悪化させてしまうケースが少なくありません。
一度炎症が悪化すると、治ったと思っても、毛穴の中で炎症がくすぶっていて、
くり返し吹き出物ができる悪循環になりやすいことも特徴です。

吹き出物ができたら、炎症が悪化する前に、正しいケアで治すことが大事です。
まずは肌を清潔に保つことを心がけましょう。
毎日の洗顔と保湿を丁寧に行い、メイクもできるだけ肌への負担が少ないものを選びましょう。
さらに、皮脂分泌を抑えるような生活習慣を心がけて、体の内側からもケすることが大切です。

ページの先頭へ戻る