「吹き出物」と「ニキビ」って同じもの?別のもの?

「吹き出物」と「ニキビ」は呼び方は違いますが、実際には同じ肌の病気です。
一般的に思春期から20歳くらいまでにできるものを「ニキビ」、
20歳以降にできるものを「吹き出物」と呼ぶことが多いです。

症状は毛穴に皮脂がつまることで、ニキビ菌が増殖して炎症を起こします。

若い頃のニキビと大人になってからの吹き出物は、
原因やできやすい部位、症状の進み方などに違いがでることがありますが、
基本的には同じ症状と考えて良いでしょう。

大人の吹き出物ケアに大切なこと

大人の吹き出物には、思春期の頃のニキビとは違った特徴があります。
頬やフェイスラインなど毛穴の小さい部位に、
くり返し吹き出物ができ、一度治った後も症状がくり返しやすいという点です。

大人の吹き出物は、ストレスや環境変化による皮脂分泌の増加が原因になることが多いため、
生活習慣を改善したり、食事バランスやストレスに気をつけて、
体の内側から吹き出物をできにくくすることが大切です。

また肌が乾燥すると、吹き出物を悪化させる原因になるので、
洗顔で肌を清潔にした後は、しっかり保湿をして、
肌のターンオーバーを整えるようにしましょう。

思春期の頃に比べて、歳を重ねるほどに、
肌の代謝が落ち、吹き出物が治りにくくなるので、
早めの対策で吹き出物を悪化させないようにしましょう。

ページの先頭へ戻る