10代の頃はツルツルお肌だったのに急に吹き出物が増えた

10代の頃はニキビが出来なかった人でも、
20歳を過ぎてから吹き出物が増える可能性はあります。

思春期に出来るニキビと大人になってからの吹き出物では、
そもそも主となる原因が違います。
そのため、いくら思春期のときに肌トラブルがなかったからといって、
大人になってからもツルツルのお肌が続くとは限らないのです。

思春期にはホルモンバランスが急激に変わります。
そのため皮脂が過剰に増えて、毛穴につまりやすくなります。
とくにこの時期は皮脂の増え方に対して、毛穴の発達が追いつかないために、
多くの人がニキビに悩まされます。
これは思春期特有の体の変化ですが、体質の影響もあるので、
中にはニキビができなかったという人もいるでしょう。

一方、大人になってからの吹き出物は、
長時間のメイクや社会に出てからのストレス、生活習慣の乱れなどが原因になります。
体質というよりは、生活環境の影響を受けやすいので、
誰でも吹き出物ができる可能性があるのです。

大人になってから吹き出物を増やさないためには

上に説明したように、大人になってからの吹き出物は、
生活習慣や食事、ストレスなどの影響を受けやすくなります。

そのため吹き出物ができたら、まずは原因をなくすことが大切です。
また間違った肌ケアも吹き出物を悪化させるので、
スキンケアの方法についても見直す必要があります。

思春期の頃には、毛穴が発達していて皮脂がつまりにくかった人も、
歳を重ねて肌のターンオーバーが乱れると、
古い角質が毛穴を塞ぎ、皮脂づまりを起こしやすくなるので注意が必要です。

一説によると、大人になってから吹き出物がある人の半数近くは、
思春期時代には無かったというデータもあるので、
そのときの肌の状態に応じたケアを心がけることが大事です。

ページの先頭へ戻る