吹き出物がある人はワックスやスプレーなどの整髪料は使っちゃダメ?

髪の毛は顔の周辺への影響が大きいため、
整髪料やトリートメントなどの成分が刺激になって、
吹き出物ができることがあります。

またカラーリングやパーマ液などは、整髪料以上に刺激が強いので、
一気に吹き出物が増える恐れがあるので、注意しましょう。

整髪料には髪型を整えたり使用感を上げるるために、
油分や化学成分、香料などが含まれています。
これらの成分が肌や吹き出物につくと、
皮脂と混ざり汚れとなって、毛穴につまりやすくなります。

とくに油分はニキビ菌のエサになって、細菌の増殖を促すので、
吹き出物が悪化しやすくなります。

また整髪料に含まれる化学成分は肌にとっては有害なので、
使い続けることで肌への悪影響も心配なところです。

整髪料を使う場合は、毎日シャンプーでしっかり洗い流して、
肌にも成分が残らないように、顔や体も丁寧に洗いましょう。

吹き出物対策には髪型も重要

大人の吹き出物は、毛穴の小さい頬やフェイスラインに出来やすくなりますが、
これには髪の毛の刺激も関係しています。

顔に髪の毛がつく髪型にしていると、整髪料や髪の毛についた汚れが、
肌に触れて吹き出物ができやすくなります。

また既に吹き出物ができている人は、
髪の毛が触れることで、炎症が悪化する可能性も。

吹き出物を早く治すためには、患部を刺激しないことが一番です。
とくに症状が重い人は、炎症が治まるまでは、髪の毛を結ぶなどして、
患部に髪の毛がかからないように気をつけましょう。

ページの先頭へ戻る