思春期にできるニキビは何が原因でできるの?

思春期は「第二次性徴」とも呼ばれるように、
ホルモンのバランスが大きく変わる時期です。
ホルモンの働きが活発になるので皮脂の分泌が増えて、オイリー肌になりやすくなります。

この時期は皮脂がどんどん増えるのに対して、毛穴の発達が追いつかないので、
毛穴に皮脂がつまってニキビができやすいのです。
そのため思春期ニキビに悩む人が多くなります。

さらに思春期には運動量が多いため、汗を頻繁にかくので、
汚れが汗に吸着して、肌の汚れとなってニキビを刺激することも、
ニキビを悪化させる原因になります。

ストレスが思春期ニキビの原因になるの?

思春期ニキビのもう一つの原因には、
ストレスも関係していると言われます。

思春期は人間関係が複雑になったり、進学などの悩みが増える時期です。
これまで感じなかったストレスに急にさらされるため、
ストレスが過剰になって、体調を崩したり、自律神経の働きが乱れることがあります。

ストレスはホルモンに作用して皮脂分泌を増やすほか、
体内の活性酸素が増える原因になるため、
ニキビの炎症を悪化させることがあります。

顔のニキビは見た目も悪く、
炎症が進むと、痛みなどの不快な症状を伴うため、
ニキビ自体がストレスの元凶になってしまうことも。

思春期は感受性が強く、ささいなことがストレスになりやすい時期です。
ストレスが増えるほどニキビも悪化するので、
肌を清潔に保つことに加えて、ストレス対策も大切です。

ページの先頭へ戻る