吹き出物が特にできやすいのはどんなタイプの肌?

吹き出物が出来る原因は、毛穴に皮脂がつまることです。
そのため皮脂の分泌が多いオイリー肌の人は、
どうしても吹き出物ができやすくなってしまいます。

皮脂腺は毛穴の奥にありますが、
皮脂の分泌が多すぎると、毛穴の外に出ることが出来ずに、
あまった皮脂が毛穴の中にたまってしまいます。
すると、皮脂をエサにするニキビ菌が毛穴の中で増殖してしまうため、
吹き出物となって炎症を起こすことになります。

皮脂の分泌量は遺伝的な要素もあるので、
家族にオイリー肌の人がいる場合は注意が必要です。

その一方で、皮脂量は食事や生活習慣にも影響を受けるので、
バランスの良い食事や規則正しい生活を心がけて、
皮脂を増やさないように注意しましょう。

乾燥肌の人も吹き出物予備軍に

実は乾燥肌の人も、吹き出物ができやすくなります。
オイリー肌とは正反対のようですが、
乾燥肌が原因でオイリー肌になっている人もいるんです。

乾燥肌になると、肌のターンオーバーが乱れて、
古くなった角質が肌の表面に残りやすくなります。
角質が厚くなると、毛穴が塞がれて、皮脂がつまりやすくなります。
これが肌を脂っぽくして、吹き出物の原因になるのです。

そのため乾燥肌だからといって、
吹き出物ができにくいと安心するのは間違いです。

むしろ大人になってからの吹き出物は、
もともとの体質よりも、生活習慣や間違ったケアをなどで、
肌が乾燥してしまうことの方が原因になる場合が多いので、
日ごろから肌ケアでは、保湿を丁寧に行い、肌を乾燥させないように気をつけましょう。

ページの先頭へ戻る