AHAフルーツ酸配合の化粧品はやりすぎると吹き出物を悪化させる

吹き出物を予防するには、古い角質を取り除いてフレッシュな状態に再生するピーリングが効果的です。肌のターンオーバーを正常にして、健やかなツヤ肌をキープすることができます。 なかでも最も肌にやさしいのが、今話題のAHAフルーツ酸配合のピーリングです。

でもやり過ぎると、吹き出物が悪化することもあるって知っていますか?AHAフルーツ酸を使った安全で効果的なピーリングのやり方を、マスターしておきましょう。

ピーリングが吹き出物に良い理由

ピーリングのピールとは「皮をむく」という意味で、皮膚表面の古くなった角質を剥がすケアのことを言います。ピーリング剤には、使用する成分によってさまざまな種類がありますが、基本的な仕組みは共通しています。

ジェル状、あるいはリキッド状のピーリング剤を肌に塗ると、含まれる成分の働きによって、肌表面にある古い角質層が溶かされます。成分の適切な量や、塗ってから洗い落とすまでの放置時間などは、肌の状況によって異なります。

溶かす作用が強過ぎたり放置時間が長過ぎたりすると、健康な角質層にまで傷をつけてしまいます。そのため、これらを正確に見極めることは重要です。

ピーリングの即時効果

ピーリングによって古い角質を除去すると、肌のくすみがとれ、顔色が明るくつややかになります。さらに肌表面のゴワつきや毛穴汚れなども一掃するので、生まれたてのような滑らかですべすべした肌になります。

こうした作用はピーリングを行った直後に確認できるので、経験した人は肌の違いを実感して満足することが多いです。でも、ピーリングの最も価値ある効果は、これらの即時的な効果ではありません。

ピーリングの継続的効果

肌表面で細胞の再生を邪魔していた古い角質をピーリングによって取り去ると、肌のターンオーバーがスムーズに行われるようになります。そうなると、肌が自分の力で古くなった細胞を剥がし落とし、その下に控えているみずみずしく健康な肌細胞を表面に押し上げるシステムを、安定的に働かせることができるようになります。

新鮮な細胞の再生が促され、肌は潤いとハリを取り戻します。また、強く健康な細胞に置き換わるので、吹き出物などの肌トラブルにもなりにくくなります。さらに、やわらかくなった肌は化粧水などの浸透力が上がるので、ケアの効果が出やすくなります。

このように、ピーリングがもたらす効果は大いに魅力的です。かつては作用の強いピーリング剤しかなかったため、専門家でなければ安全に使うのが難しく、基本的には医療機関で受けるケアとして利用されてきました。

しかし、現在のようにホームケアで手軽に行えるようになった一つのきっかけは、AHAフルーツ酸のようなマイルドな効き目を持ったピーリング剤の登場にあります。

AHAフルーツ酸の基礎知識

この名称自体は、最近よく耳にする人も多いでしょう。でも実は、「AHAフルーツ酸」という成分は存在しません。「AHA」は、正式には「α ‐Hydroxy Acid=アルファヒドロキシ酸」。

フルーツやサトウキビ、発酵乳などから抽出される酸の総称で、グリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、シトラス酸、乳酸、酒石酸などたくさんの種類があります。主にフルーツからつくられることが多いため、一般的に「フルーツ酸」と呼ばれています。

AHAの効果とは?

AHAには、従来のピーリング剤と同じように、肌をやわらかくして古い角質を溶かす働きがあります。しかもその働きがマイルドで肌にやさしいため、安全なピーリング剤として人気を得ています。使い方も肌にそっと塗るだけなので、トラブルが起きている肌にも安心して使えます。

ホームケアで使われるピーリング剤には、ほかにスクラブタイプがあります。しかし、粗い粒子を肌にこすりつけて角質をかき落とすので、肌を傷つけるデメリットが大きく、あまり支持されていないのが現状です。

AHAを配合した商品にはどんなものがある?

AHAがマイルドなピーリング剤だと知られたことで、ホームケアにピーリングを取り入れる人は徐々に増えています。ドラッグストアでは、AHAのピーリング剤やピーリング効果のある洗顔石鹸など、たくさんの種類の商品が販売されています。

最も手軽に利用されているのは、AHA配合の洗顔石鹸です。固形石鹸もあれば、練り石鹸もあり、スタイルはさまざまです。もちろん含まれているAHAの種類も多様で、配合率によって使用できる頻度が変わります。またピーリング剤にも、リキッドタイプやジェルタイプなどがあります。

AHAピーリング洗顔で守るべき5つのルール

それでは今、最も人気のピーリング洗顔について、正しいやり方を知っておきましょう。AHAは自然由来のやさしい成分とはいえ、肌にまったく負担がかからないわけではありません。肌がもともと敏感な人、一時的に肌のコンディションが弱っている人、極端に肌が乾燥している人は、使用を慎重にした方が安全です。

というのも、古い角質を取り去ることは、一時的に肌のバリア機能を低下させるからです。肌細胞に再生する力が十分にあれば、障害だった古い角質を取り除くことでスムーズなターンオーバーが促されますが、その力が十分にない場合、肌をますます痛めつけることにもなりかねません。

バリア機能が低下した無防備な肌は、水分がどんどん蒸発して乾燥します。ちょっとした接触や摩擦でも細胞はダイレクトにダメージを受けるうえ、細菌も簡単に侵入してしまうので、炎症や感染症にもかかりやすくなります。

このような状態は、健康な肌の人がピーリングをやり過ぎたときにも起こります。頻繁に行ったり、長時間ピーリング剤を肌につけたままにしたりすると肌にダメージを与え、吹き出物を悪化させることもあります。そのため、AHAで角質ケアを行うときは、次の5つのルールを必ず守りましょう。

ルール1. 使って大丈夫かどうかを見極める

この点をいいかげんにすると、せっかく行ったケアで肌を傷める結果になってしまいます。本末転倒なことにならないよう、自分の肌の状態を見て慎重に判断しましょう。炎症が起きて、肌にかゆみや痛みがある場合は、行わない方が賢明です。

心配な人は、顔の目立たない一部分にAHAを使用し、1日おいて様子を観察するなどの簡易テストをしてみると良いでしょう。

ルール2. 使う頻度を見極める

AHAのピーリング用品は、毎日使っても安全なもの、週2回まで使用できるものなど、AHAの配合率によって使う頻度が決められています。商品ごとに必ず明記されているので、確認してから使いましょう。ただ、肌のコンディションがあまり良くない場合は、使う頻度を規定より少なくした方が安心です。

ルール3. 必ず夜に行う

朝の肌は敏感で、刺激に弱くなっています。また、日中は紫外線をはじめ、風や微細なゴミ、髪の毛などの接触刺激や摩擦刺激など、肌にはたくさんのストレスがかかるので、朝にピーリング洗顔を行うことはおすすめできません。

ピーリング直後は特に肌が無防備になっているので、保湿ケアをしてそのまま就寝できるのが理想です。そのため、夜の洗顔時に行いましょう。肌のターンオーバーは睡眠中に活発に行われるので、眠って肌を休めている間に肌を回復させることができます。

ルール4. 待ち時間を守る

通常の洗顔は乾燥を防ぎ、刺激成分との接触を少なくするため、手早く行うのが基本です。でもAHAピーリング洗顔の場合は、商品によって異なりますが、多くの場合「待ち時間」が設定されています。

これはAHAが古い角質を溶かすために必要な時間なので、きちんと待たずにすぐに洗って流してしまうと、ほとんど効果が望めなくなります。また逆に、しっかり角質を取り去りたいからといって指定の時間より長くおくのも危険です。角質を落とし過ぎ、ひどい乾燥や肌荒れ、吹き出物を引き起こす可能性があります。使用説明を確認し、厳守するよう気をつけましょう。

ルール5. ピーリング後は、しっかり保湿ケアを行う

ピーリング洗顔の後は、普段よりさらに手厚い保湿ケアが必要です。洗顔後はすぐに、細胞の修復をサポートするビタミンCやセラミド、スフィンゴ脂質、レシチン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分がたっぷり配合された化粧水や美容液を、やさしく塗りましょう。

ケアの最後はクリームで、保護を万全にします。このようにバリア機能が弱った肌を守りながら、ゆっくり睡眠をとり、肌の回復をサポートしましょう。

話題のスキンケア方法やグッズは魅力的に思え、つい飛びついてしまいがちです。でも「安全」と評判のAHAフルーツ酸でも、使い方によっては肌に危険なこともあります。正しいやり方を厳守するとともに、本当に今の自分に合っているものなのかしっかり見極めて使うことが、健康美肌をつくる秘訣です。

関連する記事一覧

乾燥肌にならないように化粧水で保湿を
肌のターンオーバーを促進しよう
長時間メイクしたままだと毛穴が詰まりやすくなる
油分の多いファンデーションに注意!
女性の場合、吹き出物が重症化しやすい
生理前になるとPMSが原因で吹き出物が増える人が多い
更年期になると増える場合がある
ホルモンバランスが乱れると吹き出物の原因になる
クレンジングオイルは吹き出物を刺激してしまうので注意
界面活性剤入りの洗顔石けんは肌への刺激になるで注意
ダブル洗顔が吹き出物の原因になっている可能性がある
吹き出物の原因となる菌について(アクネ菌や常在菌など)
毛穴がつまると吹き出物の原因になるので洗顔はしっかりと
吹き出物の大きな原因となる「活性酸素」について
ダニ(顔ダニ・ニキビダニ)が原因で吹き出物ができる
鼻の吹き出物が酸化して黒ずむと「イチゴ鼻」になってしまう
洗顔ブラシの毛先が吹き出物を刺激するので注意
タオルは使うたびに変えよう!雑菌が繁殖して吹き出物の原因に
男性はヒゲ剃りに注意!肌のキズから吹き出物ができる
知ってた?猫背や肩こりが吹き出物の原因に
吹き出物がある時に使う日焼け止めはノンケミカルなど負担の少ないものに
ページの先頭へ戻る