洗顔ブラシの毛先が吹き出物を刺激するので注意

吹き出物対策には、皮脂汚れをきれいサッパリ落とすことが大事!といわれますが、強力に肌の皮脂を落とそうとして、ニキビ・吹き出物用の洗顔ブラシを使っている人はいませんか?

洗顔ブラシは、刺激となって肌を傷めたり、皮脂を過剰分泌させたりして、逆効果になってしまうケースがめずらしくありません。洗顔ブラシと肌の本当の相性について、ここで正しく理解しておきましょう。

吹き出物に洗顔ブラシがいいって本当?

洗顔用ブラシは、美容ケアグッズやヘルスケアグッズのお店に行けば、かならず置いてあるほどメジャーなアイテムです。やわらかいブラシの毛を肌に当ててこすり洗いすることで、毛穴の中の皮脂汚れをかき出すようにして落とします。

吹き出物の原因は、皮脂汚れが毛穴を詰まらせることなので、とても合理的なケアのように思えます。でもその一方で、ブラシでこするなんて大丈夫?と心配に思う人も多いでしょう。洗顔するときには、指先で肌をこすることさえ控えましょう、というのは洗顔の基本ルールです。

指でこすってはいけないけれど、洗顔ブラシなら大丈夫?洗顔ブラシは特別なもの?それとも、やっぱり危険だからやめておいたほうがいい?そういった疑問を解決するため、まずは洗顔ブラシの種類と特徴を知っておきましょう。

洗顔ブラシの種類と特徴

洗顔ブラシはどれも、肌の汚れがよく落ちることをアピールしています。「古い角質が落ちてくすみがとれ、肌に透明感が出ます」「皮脂汚れが落ちるので、ニキビや吹き出物の対策に最適」「手洗いでは絶対に落ちない汚れを落とします」など、魅力的なキャッチコピーが目を引きます。

ただし、さまざまなタイプがあって機能も大きく異なるので、ここでメジャーな種類を簡単に紹介します。

手動の洗顔ブラシ

ポリエステルや動物の毛など、材質がいろいろあります。安いものでは数百円から、動物の毛などを使用した高級なものは2〜3万円のものまであります。メイク用の高級ブラシが有名な広島県の熊野では、伝統工芸の職人によって山羊の毛で熊野洗顔ブラシが作られ、人気商品になっています。

洗顔料をよく泡立てて肌にのせ、ぬるま湯で濡らした洗顔ブラシを肌の上でクルクルと動かして洗います。ブラシ面が小さく作られているものが多く、小鼻の脇など手がとどきにくいところも洗いやすいという声もあります。

電動の一般的な洗顔ブラシ

電動歯ブラシと同じように、電動洗顔ブラシにも種類があります。大きく分けると、比較的低価格で買える一般的な電動ブラシと、音波振動ブラシに分類できます。一般的なものは、手で動かす代わりに、ブラシが小刻みに振動したり回転したりして動きます。顔の上でブラシをゆっくり移動させるだけなので、洗顔が楽にできます。

ブラシの材質はポリエステルが中心で、価格帯は千数百円〜数千円です。各メーカーが洗浄実験を行っていて、汚れを落とすことについては手で洗うよりも効果的だというデータが出ています。

電動の音波洗顔ブラシ

電動ブラシの中には、毎秒300回以上の音波振動をする音波洗顔ブラシがあります。エステで行われるフェイスケアに使用されていることもあり、注目の商品です。音波振動によって肌の汚れを浮き上がらせて落とすので、物理的に毛穴にブラシの毛先を当てて汚れをかき出すものとは異なります。

そのため洗顔ブラシといいながらブラシではなく、極細の繊維でできたパッドを顔に当てるタイプの商品もあります。価格は1万円前後〜3万円ほどです。

洗顔ブラシが吹き出物に良くない3つの理由

振動しているブラシで洗顔するとマッサージ効果があって心地よく、汚れがスッキリ落ちるので、使用後の満足度は高い傾向があります。ところが洗顔直後は快適でも、その後に肌の乾燥や肌荒れ、皮脂の過剰分泌、ニキビや吹き出物などのトラブルが生じることがあります。

特に吹き出物を予防したい人にとって、洗顔ブラシが良くない3つの理由を覚えておきましょう。

理由1. 摩擦が肌の角質を厚くする

良質な洗顔ブラシにはやわらかい毛が使用されていますが、それでも肌に摩擦による刺激を与えることは避けられません。肌に摩擦が加わると、自然と表面の角質は硬く、厚くなります。例えば、ペンでよく書き物をする人の指には”ペンだこ”ができ、靴の一部分が足に強く当たる靴を履いている人の足には”たこ”ができます。

それのごく軽い状態が、肌にもたらされてしまいます。硬く厚くなった角質は毛穴を詰まらせ、吹き出物を引き起こします。そのため、肌はできるだけ、摩擦や圧迫をしないほうが良いといえます。

理由2. 肌のバリアが破壊され、乾燥する

洗顔ブラシによる肌への摩擦は、表面にあるバリア膜を壊し、肌細胞の保護機能を低下させます。すると、もともと肌に備わっていた天然の保湿成分が流れ落ち、肌が水分を保持する力が衰えます。肌の表面からは水分がどんどん蒸発して乾燥し、潤いが失われます。

同時に、バリア機能が低下すると、肌はその危機的状況に反応して多量の皮脂を分泌し、バリア膜を形成しようとします。この多量の皮脂が、吹き出物の原因になります。またバリア機能が低下している肌にブラシの刺激を与え続けると、肌細胞を傷つけて炎症を引き起こすこともあります。

理由3. ブラシから肌に雑菌が移る

洗顔ブラシには、洗顔料や皮脂汚れが残留し、もともと肌についていた雑菌も移っています。雑菌はエサになる油汚れ、適度な温度、水分があると爆発的に繁殖するので、洗浄と乾燥が不十分なブラシでは、あっという間に雑菌が増えてしまいます。

そのブラシを使用すれば当然、雑菌は肌に移ります。雑菌は、エサとなる皮脂が豊富な毛穴に集まって毛穴詰まりを起こし、吹き出物を発症させます。

ブラシより効く!おすすめの洗顔テクニック

結論として、吹き出物の予防や改善を意識している人には、洗顔ブラシはあまりおすすめできません。使い方に十分気をつけて、使う頻度をグッと減らしても、人によっては逆効果になることが少なくないためです。

吹き出物で肌が弱っている人や敏感肌の人は、クレイタイプの洗顔料を使うと良いでしょう。クレイ洗顔は、皮脂や古い角質などの肌の汚れを吸着するので、こすらずにやさしく取り除くことができます。

泡洗顔よりも刺激がマイルドなので、吹き出物に悩んでいる人には最も適しているといえるでしょう。さらに、保湿成分や肌細胞の修復、再生をサポートするビタミンCも配合されています。

敏感肌や乾燥肌、吹き出物ができやすい人の場合、少しの刺激でも肌トラブルを引き起こすきっかけになってしまいます。そのため、洗顔ブラシは魅力的な美容アイテムですが、使用には注意が必要です。使っても大丈夫かどうか自己判断するのが難しいときは、安全なクレイ洗顔など慎重なケアをおすすめします。

関連する記事一覧

乾燥肌にならないように化粧水で保湿を
肌のターンオーバーを促進しよう
長時間メイクしたままだと毛穴が詰まりやすくなる
油分の多いファンデーションに注意!
女性の場合、吹き出物が重症化しやすい
生理前になるとPMSが原因で吹き出物が増える人が多い
更年期になると増える場合がある
ホルモンバランスが乱れると吹き出物の原因になる
クレンジングオイルは吹き出物を刺激してしまうので注意
界面活性剤入りの洗顔石けんは肌への刺激になるで注意
ダブル洗顔が吹き出物の原因になっている可能性がある
吹き出物の原因となる菌について(アクネ菌や常在菌など)
毛穴がつまると吹き出物の原因になるので洗顔はしっかりと
吹き出物の大きな原因となる「活性酸素」について
ダニ(顔ダニ・ニキビダニ)が原因で吹き出物ができる
鼻の吹き出物が酸化して黒ずむと「イチゴ鼻」になってしまう
タオルは使うたびに変えよう!雑菌が繁殖して吹き出物の原因に
男性はヒゲ剃りに注意!肌のキズから吹き出物ができる
AHAフルーツ酸配合の化粧品はやりすぎると吹き出物を悪化させる
知ってた?猫背や肩こりが吹き出物の原因に
吹き出物がある時に使う日焼け止めはノンケミカルなど負担の少ないものに
ページの先頭へ戻る