活性酸素と吹き出物の関係

活性酸素とは、他の細胞を酸化させてしまう不安定な酸素分子で、
その特性から、体内に増えすぎるとコラーゲンやエラスチンを破壊して、肌のハリを奪います。
細胞を酸化させるので、シワや老化の原因になることがわかっています。

しかし本来の働きは、体外から侵入した菌を殺す役割があり、
肌を外敵から守るための必要な機能でもあります。

肌を守るという点では、皮脂と同じくバリア機能をもつ活性酸素ですが、
増えすぎると皮脂と同じく害になってしまいます。

吹き出物ができるとニキビ菌を殺すために、活性酸素が集まりますが、
増えすぎてしまうと、周りの細胞まで破壊するので、
炎症が悪化して吹き出物が重症化しやすくなるのです。

活性酸素を発生させないために

活性酸素の働きは上でも説明したように、外敵から体を守ることです。
つまり体に外敵が侵入したときに、活性酸素はたくさん発生します。

例えば次のような場合です。

・ストレスがかかっているとき
ストレスは心身の負担になるため、体は活性酸素を発生させて、体を守ろうとします。
ストレスは吹き出物の原因にもなっていますが、
ストレスニキビがなかなか治らない原因の一つには、活性酸素によって炎症が悪化している可能性が高いんです。

・紫外線をあびたとき
紫外線が肌に良くないことは、よく知られていますよね。
紫外線から肌を守ろうとして、活性酸素が大量に発生します。
日焼けで肌が硬くなると吹き出物ができやすくなり、
さらに活性酸素が大量に発生しているので、吹き出物は悪化してしまいます。

その他にも、体内に異物や化学物質が進入した時にも活性酸素は発生します。

逆に言うと、こうした体に負担のかかることを避ければ活性酸素は発生しにくくなります。
生活を振り返って、体に無理をさせていないか見直してみると良いでしょう。

関連する記事一覧

乾燥肌にならないように化粧水で保湿を
肌のターンオーバーを促進しよう
長時間メイクしたままだと毛穴が詰まりやすくなる
油分の多いファンデーションに注意!
女性の場合、吹き出物が重症化しやすい
生理前になるとPMSが原因で吹き出物が増える人が多い
更年期になると増える場合がある
ホルモンバランスが乱れると吹き出物の原因になる
クレンジングオイルは吹き出物を刺激してしまうので注意
界面活性剤入りの洗顔石けんは肌への刺激になるで注意
ダブル洗顔が吹き出物の原因になっている可能性がある
吹き出物の原因となる菌について(アクネ菌や常在菌など)
毛穴がつまると吹き出物の原因になるので洗顔はしっかりと
ダニ(顔ダニ・ニキビダニ)が原因で吹き出物ができる
鼻の吹き出物が酸化して黒ずむと「イチゴ鼻」になってしまう
洗顔ブラシの毛先が吹き出物を刺激するので注意
タオルは使うたびに変えよう!雑菌が繁殖して吹き出物の原因に
男性はヒゲ剃りに注意!肌のキズから吹き出物ができる
AHAフルーツ酸配合の化粧品はやりすぎると吹き出物を悪化させる
知ってた?猫背や肩こりが吹き出物の原因に
吹き出物がある時に使う日焼け止めはノンケミカルなど負担の少ないものに
ページの先頭へ戻る