吹き出物の基礎知識

そもそも吹き出物はどうしてできるのでしょか?

肌には常在菌が無数にすんでいます。
常在菌には善玉常在菌と悪玉常在菌がありますが、
善玉常在菌は外側から病原菌の進入や増殖を防ぐ働きがあり、肌の健康に必要な菌です。

一方、悪玉常在菌は傷口や毛穴に進入して増殖すると、
肌トラブルを引き起こす原因になります。

吹き出物の原因になっているのも、悪玉常在菌のアクネ菌やマセラチア菌、黄色ブドウ球菌などです。

アクネ菌は顔に多く生息して、普段は善玉常在菌のような働きもしています。
しかし一旦、毛穴につまった皮脂と結合すると吹き出物の原因になります。
毛穴にに進入したアクネ菌を肌が攻撃しようとして、免疫反応が起こって炎症を起こすために、
吹き出物となってあわられます。

マセラチア菌は体にたくさん生息する菌で、体ニキビの原因となることが多いです。
マセラチア菌は皮脂を脂肪酸に変える働きがあり、この脂肪酸が肌細胞への刺激となって炎症を起こします。

そして黄色ブドウ球菌は吹き出物を悪化させる原因になる菌です。
すでにできた吹き出物に黄色ブドウ球菌が進入すると、症状が悪化します。
その炎症は激しいもので、化膿ニキビなどに至ることもあります。

こうした常在菌は肌のバリア機能も備わっているので、
洗顔のし過ぎで菌を取りすぎてしまうのも問題です。
適度な皮脂コントロールで、毛穴をつまらせないことが、菌を増殖させないポイントです。

抗生剤の使いすぎで発生する怖い菌「MRSA」

MRSAは黄色ブドウ球菌の仲間で、その作用も黄色ブドウ球菌とほとんど同じです。
しかしMRSAの怖いところは、抗生物質が効かないことです。

MRSAは通常は肌に生息する常在菌ではありません。
抗生物質の大量投与の影響で突然変異によって、生まれる菌とされています。
そのため普通の生活で健康に過ごしている人が感染することはありませんが、
入院などした時に傷口から進入すると、吹き出物が大きく化膿して悪化する恐れがあります。

抗生物質が効かないので、吹き出物が重症化する可能性があり、
とくに気をつけたい菌の一つです。

関連する記事一覧

乾燥肌にならないように化粧水で保湿を
肌のターンオーバーを促進しよう
長時間メイクしたままだと毛穴が詰まりやすくなる
油分の多いファンデーションに注意!
女性の場合、吹き出物が重症化しやすい
生理前になるとPMSが原因で吹き出物が増える人が多い
更年期になると増える場合がある
ホルモンバランスが乱れると吹き出物の原因になる
クレンジングオイルは吹き出物を刺激してしまうので注意
界面活性剤入りの洗顔石けんは肌への刺激になるで注意
ダブル洗顔が吹き出物の原因になっている可能性がある
毛穴がつまると吹き出物の原因になるので洗顔はしっかりと
吹き出物の大きな原因となる「活性酸素」について
ダニ(顔ダニ・ニキビダニ)が原因で吹き出物ができる
鼻の吹き出物が酸化して黒ずむと「イチゴ鼻」になってしまう
洗顔ブラシの毛先が吹き出物を刺激するので注意
タオルは使うたびに変えよう!雑菌が繁殖して吹き出物の原因に
男性はヒゲ剃りに注意!肌のキズから吹き出物ができる
AHAフルーツ酸配合の化粧品はやりすぎると吹き出物を悪化させる
知ってた?猫背や肩こりが吹き出物の原因に
吹き出物がある時に使う日焼け止めはノンケミカルなど負担の少ないものに
ページの先頭へ戻る