知ってた?猫背や肩こりが吹き出物の原因に

最近妙に吹き出物ができる…なんて人、姿勢が悪かったり肩こりがひどかったりしませんか?吹き出物は肌や内臓の疲れの表れと言われていますが、原因はそれだけではありません。実は猫背や肩こりも、吹き出物や肌荒れに直結する大きな要因になります。

ここでは、その理由や改善方法を分かりやすく説明します。心当たりのある人は、対策をして、しっかりと吹き出物予防をしていきましょう。

なぜ、猫背が吹き出物の原因に?

猫背になると姿勢が悪くなり、あまり良い印象を与えません。背骨が曲がっていると覇気が感じられず、背も低く見られがちです。男性にとっても女性にとっても、プラスになる面がほぼありません。そんな猫背が、なぜ吹き出物の原因となるのでしょうか?

猫背になるということは、おのずと前かがみの姿勢になります。背骨を伸ばした状態に比べて、若干身体が折り曲がった状態になるので、胸骨や肋骨、内臓を圧迫し、内臓にダメージを与えます。猫背の人は長時間にわたり内臓を圧迫し続けることになるので、姿勢の良い人に比べて、臓器が弱くなり、吹き出物ができやすい状態になります。

これは、吸収能力が低下して消化しきれない養分が毒素となり、身体の内側にたまるためです。特に肝臓などが弱ると、おでこやこめかみあたりに吹き出物が発生しやすくなると言われています。胃腸など消化器官の圧迫が強くなると、口周りの吹き出物や口内炎の原因になります。

どんなに肌のケアをしっかりしていても、内臓の状態が悪ければ、健康な肌を保つことはできません。また、極度の猫背の場合、内臓にかかる圧力が強くなるため、内臓全体の機能低下にもつながりかねません。そうなると、吹き出物だけでなく内臓疾患を起こしやすくなり、大病を患う可能性も高くなります。

猫背を改善する3つのストレッチ方法

長い間、猫背が習慣になっていると、改善は難しいと思う人も多いでしょう。しかし、心配はいりません。完璧に治すことは難しいかもしれませんが、日々の積み重ねで着実に改善を目指すことができます。

猫背を改善すると、吹き出物対策になるだけでなく、見た目の印象もかなり良くなります。紹介する3つのストレッチは、職場の休憩時間やトイレでも行えるので、猫背で悩んでいる人は参考にしてみましょう。

方法1. 伸びをして緊張を解く

最も簡単でおすすめなのは、両手を上げて伸びをすることです。猫背でいると背骨が曲がり、内臓だけでなく胸骨や肋骨も圧迫されます。伸びをすると一時的にですが、圧迫された骨を負荷から開放することができます。また、筋肉がほぐれるので、それだけで身体の緊張が解け、血液の流れが良くなります。

長時間同じ姿勢をとり続けることで、身体が固まってきたように感じたら、定期的に伸びをして、身体をほぐしましょう。仕事中でも行うことができます。緊張が解ければ集中力もアップして、仕事の効率化にもつながるはずです。

方法2. 肩甲骨周りの筋肉をほぐす

姿勢が悪いと、肩甲骨の位置が上に移動します。そうなると肩全体が胸の内側に巻き込まれるような形になり、猫背の原因となります。そんな場合は、肩甲骨周りの筋肉を重点的にほぐしましょう。肩甲骨が元の位置に戻るため、猫背を改善させることができます。

また、ひじを曲げて肩の高さまで上げ、腕をぐるぐる回すだけで、肩甲骨周りの筋肉の緊張が解け、血流が良くなります。さらに、曲げたひじを後ろに持っていき、胸を突き出すような姿勢をとれば、おのずと姿勢が良くなります。これをくり返すと、猫背の改善につながります。

方法3. ひじとひじを背中の後ろで近づける

腰に手を当てて、肩甲骨を寄せるように、ひじとひじを背中の後ろで限界まで近づけてみましょう。それだけで背骨はまっすぐになるはずです。この動きを習慣づけると、自然と背筋がぴんと張り、猫背が改善に向かうでしょう。

肩こりはニキビの原因?

肩こりは、肩の血行が悪くなることによって起こると言われています。長時間同じ姿勢をとっていたり、同じ作業をくり返し行ったりすると、肩の血の巡りが悪くなり、血管が萎縮して、肩こりが起こりやすくなります。

そんな肩こりも、目に見えない部分で吹き出物と深く結びついています。ポイントは、リンパの流れです。リンパは身体のなかで下水道のような働きをしていて、不要な老廃物などを循環させる役目があります。

肩こりが生じるとこのリンパの流れが悪くなるため、排除しなければいけない老廃物が蓄積しがちになります。そうすると肌荒れの原因になり、吹き出物が発生しやすくなります。特に、頭痛や耳の痛みを伴うような肩こりに悩まされている人は、肩こりがかなり悪化している状態です。

もっとひどくなると耳鳴りや手足のしびれも出てきます。これは身体が悲鳴を上げている危険サインなので、すぐに対策を行いましょう。

肩こりの改善方法

肩こりの改善方法はさまざまありますが、ここでは、特に自宅で簡単に行えるものを紹介していきます。悩みの種となる吹き出物を改善・予防するためにも、肩こりは早い段階で対処しましょう。

方法1. 湯船に浸かる

血行が悪くなり萎縮した血管を元通りの太さに戻すことが、最も簡単な肩こりの改善方法です。それには、まず肩など身体をしっかり温めることが大切です。おすすめは、お風呂をシャワーで済ませるのではなく、湯船に浸かることです。

身体の血行が良くなり、肩にも血液がまわりやすくなります。湯船に浸かれば、精神的にも安らぎを得ることができるので、吹き出物にとって大敵なストレス解消にもつながります。また、湯船に浸かって汗をたくさんかくと、体内の浄化や解毒ができるデトックス効果も得られます。

吹き出物は、毒素が体内からうまく排出されないときに現れます。汗は体内排出物の約3%を担っているので、効率良く吹き出物の原因を排出できます。

方法2. 肩甲骨や首周りの筋肉をほぐす

肩こりは、ストレッチで改善することもできます。それには、肩甲骨や首周りの筋肉・筋をほぐすことが大切です。肩を大きくゆっくり回したり、首をぐるぐると回転させたりして、血行を良くしましょう。しかし、自分で行うストレッチには限界があります。

プロの手が加わると、より大きな効果を得ることができます。特に頭痛などを伴う深刻な肩こりを自病としてもっている人は、肩こりや腰痛のプロフェッショナルである整体師のもとで、適切なマッサージやストレッチを受けるようにしましょう。お金はかかりますが、通えば必ず改善に向かうので、真剣に肩こりを治したい人にはおすすめです。

「肌のケアをしっかり行っているのに、吹き出物が治らない」という人は、姿勢や肩こりに原因があるかもしれません。紹介した改善方法を取り入れて、吹き出物に悩まされない肌を手に入れましょう!

関連する記事一覧

乾燥肌にならないように化粧水で保湿を
肌のターンオーバーを促進しよう
長時間メイクしたままだと毛穴が詰まりやすくなる
油分の多いファンデーションに注意!
女性の場合、吹き出物が重症化しやすい
生理前になるとPMSが原因で吹き出物が増える人が多い
更年期になると増える場合がある
ホルモンバランスが乱れると吹き出物の原因になる
クレンジングオイルは吹き出物を刺激してしまうので注意
界面活性剤入りの洗顔石けんは肌への刺激になるで注意
ダブル洗顔が吹き出物の原因になっている可能性がある
吹き出物の原因となる菌について(アクネ菌や常在菌など)
毛穴がつまると吹き出物の原因になるので洗顔はしっかりと
吹き出物の大きな原因となる「活性酸素」について
ダニ(顔ダニ・ニキビダニ)が原因で吹き出物ができる
鼻の吹き出物が酸化して黒ずむと「イチゴ鼻」になってしまう
洗顔ブラシの毛先が吹き出物を刺激するので注意
タオルは使うたびに変えよう!雑菌が繁殖して吹き出物の原因に
男性はヒゲ剃りに注意!肌のキズから吹き出物ができる
AHAフルーツ酸配合の化粧品はやりすぎると吹き出物を悪化させる
吹き出物がある時に使う日焼け止めはノンケミカルなど負担の少ないものに
ページの先頭へ戻る