界面活性剤とは?

界面活性剤の主な働きは、
本来なら混ざり合わない水と油を混ぜ合わせて、汚れを落とすことです。

もともと石鹸は天然の界面活性剤として、脂汚れなどを落とすのに役立っていましたが、
最近では合成界面活性剤が開発されて、多くの石鹸にも利用されるようになっています。
その洗浄力の高さから、油落ちをよくするために食器用洗剤などにも広く使われています。

石鹸の中には「純せっけん」と呼ばれる、天然の界面活性剤のみを使用したものと、
合成界面活性剤を使用した、それ以外の石鹸とがあります。
実は合成界面活性剤の主成分は石油です。
大量に生産できるので、ほとんどの洗剤系の商品に使われていますが、
石油を体につけるのが良くないことは、すぐにわかりますよね。

合成界面活性剤が肌に刺激を与えます

合成界面活性剤は洗浄力が強く、油脂系の汚れをスッキリ落とすのが特徴です。

吹き出物ができると、肌が脂っぽく感じるので、
洗浄力の高いスッキリ系の洗顔料を使いたくなります。
しかも合成界面活性剤を使った石鹸は泡立ちが良いので、洗いあがりはとてもスッキリです。

しかし、実はこの特徴が吹き出物を悪化させる原因にもなっています。
これらの石鹸は脱脂力が強すぎるので、肌に必要な皮脂まで奪ってしまうんです。
乾燥肌は角質の生まれ変わり「ターンオーバー」を狂わせます。
肌が乾燥して、古い角質が毛穴につまると吹き出物ができやすくなるため、
しっかり洗っているのに、実は吹き出物ができやすい肌になっている可能性も。

また合成界面活性剤が肌に残っていると、肌のバリア機能を破壊する恐れがあります。
正常な皮脂の分泌が妨げられるので、吹き出物や肌トラブルの原因になるので要注意です。
つまり洗顔料自体が肌を刺激して、吹き出物を悪化させてしまうことにもなるわけです。

「石鹸」というと肌に優しいイメージですが、
全ての石鹸が肌に優しい成分で作られているとは限らないので、選び方にも注意が必要です。

関連する記事一覧

乾燥肌にならないように化粧水で保湿を
肌のターンオーバーを促進しよう
長時間メイクしたままだと毛穴が詰まりやすくなる
油分の多いファンデーションに注意!
女性の場合、吹き出物が重症化しやすい
生理前になるとPMSが原因で吹き出物が増える人が多い
更年期になると増える場合がある
ホルモンバランスが乱れると吹き出物の原因になる
クレンジングオイルは吹き出物を刺激してしまうので注意
ダブル洗顔が吹き出物の原因になっている可能性がある
吹き出物の原因となる菌について(アクネ菌や常在菌など)
毛穴がつまると吹き出物の原因になるので洗顔はしっかりと
吹き出物の大きな原因となる「活性酸素」について
ダニ(顔ダニ・ニキビダニ)が原因で吹き出物ができる
鼻の吹き出物が酸化して黒ずむと「イチゴ鼻」になってしまう
洗顔ブラシの毛先が吹き出物を刺激するので注意
タオルは使うたびに変えよう!雑菌が繁殖して吹き出物の原因に
男性はヒゲ剃りに注意!肌のキズから吹き出物ができる
AHAフルーツ酸配合の化粧品はやりすぎると吹き出物を悪化させる
知ってた?猫背や肩こりが吹き出物の原因に
吹き出物がある時に使う日焼け止めはノンケミカルなど負担の少ないものに
ページの先頭へ戻る