吹き出物の跡はレーザーでキレイにできる?

ここ数年でレーザー治療の需要は急増していて、
ニキビ跡の除去にレーザー治療をと考えている人も多いと思います。

レーザー治療では肌にレーザーの光を照射して、
肌の凹凸を削って平らにしていきます。
物理的に肌を削ることになるので、肌への負担はとても大きく、
肌の薄い人にはおすすめできません。

小さい色素沈着程度であれば、レーザー治療が効果的ですが、
ニキビ跡がデコボコしている人や、広範囲にニキビ跡が残っている人は、
肌全体をレーザーで焼くようなものなので、
その後のケアにも細心の注意を払わなければいけません。

レーザー治療をしたからといって、完全にニキビ跡が解消するわけでないので、
吹き出物を悪化させないことが何より大事です。

レーザー治療後は患部をさらけだしてはいけません

それでもレーザー治療をするという人は、次の点も覚えておきましょう。

レーザーで肌の全体、もしくは一部を治療した場合は、
施術後2週間程度はガーゼで患部を覆って、外気や紫外線に当ててはいけません。
レーザー照射で一時的に皮膚をむいた状態になるので、
肌をそのままさらすことができなくなるのです。

治療直後の2週間は患部にガーゼをつけた状態になるので、
顔などの目立つ箇所の場合は、人前にでることが難しくなります。

肌が外気に触れてもよい状態になったら、ガーゼをとりますが、
生まれたばかりの肌は非常に敏感なため、赤みがしばらく残ります。
数ヶ月は肌に赤みが残るので、この間は一切紫外線に当たってはいけません。

赤みが取れるまでの間は、日焼け止めや帽子、日傘などで、
徹底的に紫外線対策をする必要があります。
敏感肌に紫外線が当たるとダメージが大きく、肌トラブルを引き起こす恐れがあるからです。

このようにレーザー治療はリスクが大きく、改善には時間がかかります。
この点も含めて、治療を受けるかどうか、事前にしっかり検討することが大事です。

ページの先頭へ戻る