吹き出物の跡を隠すためにメイクする場合の注意点

ファンデーションは肌を美しく見せるために、メイクでは欠かせないアイテムです。
しかし肌に密着させるために、油分や科学的な成分が配合されているので、
吹き出物の原因になることがあります。

吹き出物ができるとファンデーションを厚塗りして、
隠そうとする人がいますが、ファンデーションの厚塗りは毛穴を塞ぎ、
吹き出物の刺激になるので、返って逆効果です。

とくにクリームやリキッド系のファンデーションは、
毛穴をつまらせる可能性が高いので、
吹き出物ができているときには、使わない方が良いでしょう。

ファンデーションは仕事があるときは1日の大半をつけている人が多いと思いますが、
家に帰ったらできるだけ早く落とすことが大切です。

また休日にはファンデフリーにして、肌を休息させてあげましょう。

クレンジング選びは慎重に

メイクを落とすためにダブル洗顔している人が多いと思いますが、
ダブル洗顔が吹き出物を悪化させている可能性もあるんです。

クレンジングはメイクなどの油性の汚れを落とすために、
洗浄力が強いものが多いので、それだけでも肌への負担が大きくなります。
ダブル洗顔はクレンジング後に洗顔料を使うので、
必要な皮脂まで落としてしまっている可能性も。

吹き出物を治すために、肌を清潔に保つことは大切ですが、
皮脂を取りすぎてしまうと、肌が乾燥したり、
肌のバリア機能が奪われてしまい、吹き出物を悪化させる原因になる場合もあります。

どうしてもダブル洗顔をしたい人は、
クレンジング剤はミルクやジェル、クレイなどの肌に優しいタイプを選びましょう。

吹き出物に優しいファンデーション

社会人になると、たとえ吹き出物ができていても、
ノーメイクで会社に行くことは難しいですよね。
でもファンデーションをそのまま使っていては、
吹き出物はなかなか改善しません。

吹き出物ができたときは、肌への負担が少ないファンデーションを選びましょう。
パウダリーやフェイスパウダーは、肌への負担が小さく、
毛穴づまりを起こしにくいのでおすすめです。

吹き出物ができているときは、ファンデーションだけでなく、
その他のメイクも刺激になって、吹き出物を悪化させる原因になります。
できるだけ低刺激のものを使い、メイクも最小限にとどめましょう。

ページの先頭へ戻る