吹き出物が治ってからも保湿ケアを続けて再発しないようにしよう

吹き出物の炎症が治ったのに、跡が残ってしまったときは、本当にガッカリしますよね。でも丁寧にケアをすれば、跡はきれいに消えていくので大丈夫!

ただし、油断は禁物です。なぜなら、治りたてのデリケートな肌は吹き出物が再発しやすく、また再発すると前より重症化する傾向があるからです。吹き出物が一度治った時期に行うと良い保湿ケアについて知り、跡をきれいに治し、再発を防ぎましょう。

治った肌を絶対、乾燥させてはいけない2つの理由

吹き出物が治ったばかりの肌は、いつも以上に傷つきやすい繊細な状態です。このようなコンディションのときに最も重要なケアのポイントは、手厚い保湿です。肌にとって乾燥が良くない理由は、主に2つあります。

理由1. ターンオーバーが乱れ、跡が治らない

新陳代謝によって古い肌細胞がはがれ落ち、フレッシュで健康な肌細胞に生まれ変わるサイクルを「ターンオーバー」と呼びます。正常なターンオーバーの周期は、若く健康な人で28日。この「細胞の世代交代」をくり返すことで、肌はきれいに保たれ、肌トラブルは解消します。

もちろん吹き出物跡も、ターンオーバーの働きで少しずつ消えていきます。ところが肌が乾燥していると、ターンオーバーに一時的な不調が起きて、未熟な肌細胞ができてしまいます。未熟な肌細胞はバリア機能や保湿機能が十分ではないので、ますます肌荒れをひどくし、肌を不健康にします。もちろん、色素沈着した吹き出物跡をきれいにすることもできません。

理由2. 角質が厚くなり、吹き出物が再発する

乾燥した肌はバリア機能が低下しているので、それをカバーしようと肌の角質が厚くなります。これは、外部の刺激から守るための「過角化」という現象です。過角化が起きると、毛穴が開きにくく、余分な皮脂が毛穴から排出されません。

皮脂詰まりを起こした毛穴は、ニキビの原因菌であるアクネ菌にとって格好のエサ場になるため、アクネ菌が一気に繁殖して吹き出物を再発させてしまいます。再発した場合は、健康な肌に吹き出物ができた場合より、肌が弱体化しているため、重症化する傾向があります。痛みや炎症がひどくなり、治りにくく跡も残りやすいので、本気で予防につとめましょう。

跡を治し再発を予防する2つの保湿アプローチ

できてしまった吹き出物をしっかり治し、再発させないためには、どのように保湿をすれば良いのでしょう? 保湿の方法には「潤いを奪わない」「潤いを補う」という2つのアプローチがあります。潤いを補うアプローチは、普段から実践している人が多いでしょう。

一つは保湿成分がたっぷり含まれた化粧水や美容液をつける、プラスのスキンケアです。一方、潤いを奪わないアプローチは、肌にもともとある天然の保湿成分をキープするスキンケアです。つまり、マイナスを防ぐスキンケアと言えます。

健康な肌には「適量の皮脂」「天然保湿因子=NMF」「角質細胞間脂質」という保湿のための細胞や分泌物がありますが、日常の過ごし方やケアの仕方によっては、これらを減らしたり破壊したりすることがあります。

そうならないようしっかり守って天然の保湿力を高めようというものです。天然の保湿成分には、それぞれ以下のような働きがあります。

適量の皮脂

皮脂は、毛穴の中にある皮脂腺から分泌されます。汗腺から出る汗と一緒に、肌の表面で膜のように広がって、水分が蒸発しないようバリアをします。同時に外から細菌などが入り込まないよう、肌を弱酸性にして守っています。

天然保湿因子=NMF

NMFは聞きなれないかもしれませんが、Natural Moisturizing Factorの頭文字をとった名称です。水分を吸収して角質細胞に与える働きをもつ、20種類ほどの成分です。

角質細胞間脂質

肌の表面にある角質の、細胞と細胞の隙間を埋めるように存在している脂質のことです。角質層の水分保持能力のうち80%以上を担っている、とても重要な要素です。

こうした天然の保湿力を大事にすることを含め、「肌の潤いを奪わないケア」「肌の潤いを補うケア」、それぞれを具体的にみていきましょう。

肌の潤いを奪わない保湿ケア

肌の乾燥は、意外な原因でもたらされます。主な原因は「洗顔」「メイクオフ」「生活習慣」で、特に日常生活の中で最も潤いを奪うのは、洗顔と言われています。ぜひ正しいケアを覚えておきましょう。

洗顔のコツ

吹き出物ができると「とにかく余分な皮脂を落とさなくては」と、1日に何度も洗顔をくり返すことがあります。でも、頻繁な洗顔は逆効果です。皮脂は肌に必要なもので、落としすぎるとバリア機能が低下し、どんどん肌荒れと乾燥を悪化させます。洗顔の回数は1日2回で十分です。

また、洗顔料に気をつけることも大切です。一般的な洗顔料には、「界面活性剤」が配合されています。これは肌にとって必要な皮脂まで洗い流すうえ、肌への刺激がたいへん強く、肌表面の皮膚細胞を傷つけてバリア機能を低下させます。もちろん天然の保湿成分も破壊されてしまうので、洗顔料には低刺激で保湿成分が豊かなものを選びましょう。

さらに、弱った肌には摩擦は厳禁です。ゴシゴシ洗ったり拭いたりすると、天然の保湿成分が失われます。そのため、泡タイプの洗顔料でなく、こすり洗いをする必要のないクレイ洗顔料がおすすめです。クレイ洗顔料は低刺激で、汚れを吸着して落とす仕組みなので、安心して使用できます。

メイクオフのコツ

オイルのクレンジング剤には注意が必要です。クレンジングオイルは化粧品の油分を浮かして落とすため、非常に多くの油を含んでいます。そのクレンジングオイル自体の油も落とす必要があるため、多量の界面活性剤が使用されています。

また、アルコールを含むクレンジング剤にも気をつけましょう。肌についたアルコールは、気化するときに水分を奪い、肌を乾燥させます。メイクオフはもちろん、スキンケアにはできるだけアルコールフリーのものを使うことをおすすめします。

生活習慣のコツ

外で風にあたったり、エアコンの風を無防備に受けたりするだけでも、弱った肌の水分はグングン奪われていきます。肌を風に長時間さらさないよう、マスクなどをうまく利用すると良いでしょう。

また、お酒は身体の水分を奪います。摂取したアルコールを代謝しようと身体中から水分がかき集められるため、みずみずしくハリのある肌をつくるための水分も使われてしまいます。肌が弱っているときは、できるだけ飲酒の機会を減らしましょう。

もう一つ、保湿の面から大きな問題になるのは、睡眠不足です。睡眠不足で起きた朝、肌がたるんだりツヤが失われていたりした経験がある人も多いでしょう。睡眠不足で疲労した全身の細胞は、水分を浪費します。また全身の細胞の修復、生成は眠っている間に行われるので、睡眠不足は天然保湿成分にとっても大きなダメージになります。

肌の潤いを補う保湿ケア

肌に潤いを与えるには、化粧水などで水分をたっぷり与えれば良いのでしょうか?実はそうではありません。肌の保湿機能が低下すると、どんなにたくさん水分を補給しても、ザルに水を注ぐようなものです。

保湿ケアとは、肌に水分でなく「保湿成分」を与え、乾燥しない肌に整えることです。吹き出物跡ができて弱った肌に良いのは、次のような保湿成分です。

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • スクワラン
  • ワセリン
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • レシチン
  • エラスチン
  • ヘパリン類似物質
  • 天然保湿因子

このうち、最も保湿力が高いと評価されているのは、セラミドです。セラミドは、もともと身体に備わっている角質細胞間脂質の40%を占める、優秀な保湿成分です。

セラミドを含め、これらの成分は身体の水分と結合して蒸発しないようキープし、潤いを保つ働きをします。そのため「保水成分」とも呼ばれます。化粧水や美容液を選ぶときは、これらが配合されているかどうかを意識するようにしましょう。

吹き出物の炎症が鎮まると、ホッとしてケアの手をゆるめてしまいがちですが、治りたての時期は、その後の明暗を分ける重要なタイミングです。いつまでも色素沈着した跡を残したり、再発の癖をつけたりしないよう、賢い保湿ケアを行って肌のみずみずしさを取り戻しましょう。

ページの先頭へ戻る