吹き出物の跡は強めに洗顔をすれば落とせるの?

吹き出物が悪化して色素が沈着してしまった場合は、
洗顔時にこすっても色が落ちるわけではありません。

ニキビ跡の色素は日焼けで肌が黒くなってしまうのと同じく、
皮膚の内側で発生したメラニンの影響です。
メラニンは汚れではないので、強くこすったり、
何度も洗ったからといって、なくなるものではありません。

むしろ毛穴にダメージを与えて、吹き出物を新たに作ったり、
シミを大きくする恐れがあるので、ゴシゴシ洗いは禁物です。

吹き出物の跡をなくしたいなら、スキンケアを充実させましょう。

吹き出物の跡をなくすためには、丁寧な洗顔と保湿で、
肌のターンオーバーを高めることが大切です。

大人の吹き出物はくり返し同じところにできやすいため、
吹き出物の跡が大きくなって、色素沈着の原因になっています。
毛穴を常に清潔に保ち、吹き出物をくり返さないようにしましょう。

おすすめはクレイタイプの洗顔料で洗顔することです。
クレイ(泥)の汚れを吸着する特性で、毛穴の汚れを優しく取り除くことができます。

洗顔後は肌の乾燥を防いでターンオーバーを高めるために、
化粧水でたっぷり保湿をしてください。
肌の乾燥は老化だけでなく、吹き出物の原因にもなっているので、保湿は洗顔以上に重要です。
さらに美白作用のあるビタミンC配合の美容液を、肌に浸透させるようにすると、
シミが薄くなる効果が期待できます。

「ビーグレン」のクレイ洗顔料と高濃度のビタミンC美容液は、
大人の吹き出物ケアに特化して開発された、吹き出物対策に最適なスキンケア商品です。
ニキビ跡で悩んでいる人は一度試してみることをおすすめします。

ページの先頭へ戻る