髪の生え際やおでこに吹き出物ができる原因と、正しい治し方

おでこの吹き出物対策

おでこのニキビといえば、思春期の頃によく悩まされた人もいると思いますが、
一般的には、大人になるとおでこにはあまりできなくなります。

それでも、おでこに吹き出物ができて困っているという人は、
普段の生活になにか原因があるのかもしれません。

おでこに吹き出物ができる原因は?

おでこというと、ニキビや吹き出物ができやすいイメージがありますが、
実際には、大人になってからはあまりできないはずの場所です。

おでこは、いわゆるTゾーンと呼ばれる皮脂分泌量の多い場所ですが、
その分毛穴も大きいので、毛穴に汚れがつまることが少ないからです。

特に汗をかきやすい思春期は別として、
大人になると皮脂の分泌量も安定するので、普通はあまりできない場所です。

それでもおでこに吹き出物ができるのはなぜででしょうか?

主な理由は、

  • シャンプーやリンス
  • 整髪料や化粧

といった外部からの刺激でできている可能性があります。

シャンプーやリンスが吹き出物の原因になる

市販のシャンプーのほとんどには合成界面活性剤という成分が使われています。
この合成界面活性剤はもともと石油から作られています。

そのため、肌への刺激が強い上に、
肌のバリア機能を破壊して、トラブルを招く原因になってしまいます。

また、リンスやコンディショナーが吹き出物の原因になることもあります。

リンスやコンディショナーは髪に潤いを持たせるために、
油分を多く含んでいるものが多いです。

油分が水滴と一緒になっておでこに付着し、毛穴をふさいでしまうと、
吹き出物の原因になってしまうというわけです。

特にコンディショナーなどは髪に浸透させるため、
髪につけたあと、しばらく洗い流さない人も多いですよね。

この時、髪だけではなく、おでこにも油分がたまってしまうことがあります。

シャンプーやリンス、コンディショナーを使ったあとには、
髪だけではなく、しっかりとおでこも洗い流すようにしましょう。

整髪料や化粧品も吹き出物の原因に

シャンプーやリンスと同じく、整髪料や化粧品も吹き出物の原因になります。

整髪料や化粧品には、油分や香料などの化学成分が多く含まれています。
化学成分が肌に触れると、刺激になって吹き出物の原因になります。

また整髪料や化粧品に含まれる油分が肌に残ると、
空気中のホコリや汚れを吸着し、これが毛穴のつまりの原因になることあります。

ですから敏感肌の人は、刺激の少ないものを使うようにするといいですね。

それから整髪料や化粧品を使ったあとは、できるだけ早く洗顔をして、
肌を清潔に保つように意識しましょう。

おでこの吹き出物を治すには洗顔と保湿が大事

おでこの吹き出物を治すには、とにかく清潔を心がけるのが第一。

おでこは他の場所に比べて毛穴も大きいので、
正しい洗顔と保湿さえ心がけておけば、症状は徐々に改善していくはずです。

すでに吹き出物ができてしまっている場合には、
刺激を与えないために、なるべく前髪はアップにしておくといいですね。

前髪をアップにしていると目立ってしまいますが、
お風呂上がりなど、自宅にいる間だけでも刺激を与えないようにしましょう。

おでこの吹き出物は、他の場所に比べて治りやすいので、
あまり深刻に考える必要はないと思います。

ただ、

  • 吹き出物が重症化して早く治したい場合
  • 重症化はしないけどよくできる、くり返す場合

このような悩みを抱えている人向けに、
タイプ別におすすめの化粧品を紹介します。

タイプ別で選ぶおすすめの化粧品

まず、どうしても早く治したいという人におすすめなのは、
高濃度のビタミンCを配合した、ビーグレンの大人ニキビケアセットです。

炎症してしまった部位を修繕するためには、ビタミンCを補充することが大事です。

ビーグレンの美容液には、医療レベルに近い高濃度のビタミンCが含まれているので、
急いで吹き出物を治したいという人にはもっとも適しています。


一方、そんなに重症化はしないけど、
いつもおでこに吹き出物ができて悩んでいるという人には、
富士フイルムのルナメアACがおすすめです。

ルナメアACは洗顔料、化粧水、保湿ジェルの3点がセットになったトータルケア化粧品で、
特に敏感肌や乾燥肌が気になっている人に適しています。

肌への刺激を抑えつつ、毛穴の奥の汚れまで落とせるので、
ニキビが重症化する手前の人にはぴったりです。

おでこの吹き出物の原因は、
汚れや刺激にあることが多いので、重症化はしないけどくり返す、
という人は、こうした低刺激の化粧品のほうが合うでしょう。

吹き出物の症状と肌に合った化粧品でケアすれば、
おでこの吹き出物は比較的早めに改善できるはずです。


ビーグレンの詳細はこちら

ルナメアACの詳細はこちら
ページの先頭へ戻る