頬(フェイスライン)に吹き出物ができる原因と、正しい治し方

頬の吹き出物対策

頬(フェイスライン)にできる吹き出物には、
思春期だけではなく、大人になってからも悩む人が多いのではないでしょうか?

思春期の頃と比べて、大人になってからできる頬の吹き出物は、
できるだけ早めに治さなくてはいけません。

なぜなら頬は毛穴が小さく、皮脂の詰まりを起こしやすい上に
肌のターンオーバーも乱れやすく、ニキビ跡が残ってしまうからです。

時にはたくさんの吹き出物が頬周辺に連なってしまい、
ケロイドのような状態まで悪化してしまうこともあります。

そのような状態になる前に、できるだけ早くケアをはじめましょう。

頬にできる吹き出物の原因はメイクにあり

頬に吹き出物ができてしまう最大の原因は、メイクにあります。

普段はあまり意識はしていないと思いますが、
ファンデーションはもちろん、チークやシャドウなど、
頬周辺のメイクは意外に厚くなってしまっていることが多いです。

メイクが厚いと、しっかりと洗顔をしているつもりでも、
きちんと洗い流せていないことがあります。

だから、まずは洗顔をきちっとする、ということが大切。

また、いくら肌に優しい化粧品を使っていても、
それが「肌に良い」なんてことは絶対にありません。

たまにはメイクをしない日を作って肌を休憩させてあげたり、
帰ったらすぐに洗顔するような習慣をつけたほうがいいですね。

もっとも悪化しやすい部位なので要注意!

実は頬は顔の中でも吹き出物ができやすく、悪化しやすい場所です。

それには、

  • 大人になってからの頬の肌質
  • 敏感になりやすいパーツ

という二つの理由があります。

頬は皮脂の過剰分泌が起こりやすい

頬はもともと汗をかきにくい場所です。
そのためもともと毛穴が小さくて、皮脂が詰まりやすい肌質を持っています。

加えて、大人になると肌のターンオーバーの乱れのせいで、
頬が乾燥しがちになる人も多くいます。

肌には乾燥した部分をどうにか元に治そうとする防衛本能があるので、
皮脂が余計に分泌されてしまいます。

このふたつが重なってしまうと、
「毛穴が小さく皮脂がたまりやすいのに皮脂の過剰分泌が起きる」
という最悪の状況になってしまいます。

これが頬に吹き出物ができやすい原因です。

頬はなにかと外部からの刺激を受けやすい

普段の生活で頬杖をついたりする癖のある人はいませんか?

顔に限らず、お肌は非常に敏感で、
少し手で触っただけでも刺激を受けてしまいます。

もちろん、頬杖をついたりしなくても、
髪の毛や衣服に頬がこすれたり、寝るときは枕ともこすれます。

こういう外部からの刺激を受けると、
炎症が加速してしまってどんどん症状が悪化していきます。

意識する、しないに関わらず、
頬周辺のの吹き出物は、どうしても悪化しやすいのです。

治療と一緒にニキビ跡ケアも

頬の吹き出物はとにかく厄介です。
できやすい上に、できてしまったら悪化しやすい。

しかも頬はターンオーバーが乱れやすいので、
早く吹き出物を治さないと跡になってしまうかもしれません。

頬の吹き出物は、「できたらすぐに治す」というのがとにかく大事です。

実際に吹き出物をケアをするに当たっては、
市販の化粧品の中では、ビーグレンの大人ニキビケアセットが一番適しています。

化粧水には患部の炎症を抑える成分が含まれていて、
さらに美容液には、吹き出物を治すのに重要なビタミンCがたっぷり含まれているからです。

ビタミンCはターンオーバーを促進してくれるので、
吹き出物の跡が残らないようにするのにも効果がありますね。

セットになっている洗顔料(クレイ洗顔料)も肌に優しいものなので、
デリケートな頬周辺に使うのに適しています。

そして、吹き出物の改善と一緒に、
ニキビ跡ケアもするのを忘れないようにしましょう。

頬の吹き出物は少し油断してしまうだけで、すぐに跡になってしまいます。

そのため、ニキビを治す段階で、
リプロスキンのような化粧水を使って、
スキンケアを行なっておくことで、跡になるのを防ぐことができます。

ちなみにケア化粧品の中には、
他の化粧品との相性が悪いものもありますが、
リプロスキンは、そもそも他の化粧品と一緒に使うことを考えて作られています。

美容成分などの肌への浸透率を高める効果もありますので、
相乗効果にも期待できます。


ビーグレンの詳細はこちら

リプロスキンの詳細はこちら
ページの先頭へ戻る