口のまわりに吹き出物ができる原因と、正しい治し方

口のまわりの吹き出物対策

口のまわりに吹き出物ができると、話すたびに患部が気になって、とても不快ですよね。
口のまわりにできる吹き出物の原因は、

  • 化粧品やヒゲ剃りなどの外的な刺激
  • 疲れやストレスなどによる内面的な刺激

の2つが考えられます。

外的な刺激について

女性の場合は合わない化粧品を使っていたり、
普段使っている口紅などが刺激になっているケースがあります。

多くの化粧品には油脂系の成分が配合されているので、
化粧品と皮脂が混ざって毛穴につまると、吹き出物の原因になってしまいます。

一方で男性の場合は、ヒゲ剃り時の刺激が吹き出物の原因になることが多いです。
シェイバーの刃は毎回清潔にして、切れ味が悪くなったらすぐに替えていますか?
もし刃が錆びていたりすると危ないので、こまめに確認してください。

またシェービングクリームが肌に残っていると、
汚れとなって毛穴をつまらせることがあるので注意しましょう。

吹き出物を予防するためには保湿対策も大事

口のまわりは頬や額に比べて、化粧水などをつける量が少なくなりがち。
でも口は顔の中でも一番よく動く部分なので、肌の乾燥が進みやすいところです。

肌が乾燥すると角質が厚くなり、毛穴が狭くなって吹き出物ができやすくなるので、
口のまわりもしっかりと化粧水で保湿しましょう。

とくに男性はヒゲを剃った後に、肌がダメージを受けているので、
化粧水や美容液でしっかりケアしてあげることが大切です。

内面的な刺激について

口のまわりは体調の影響を受けやすく、
疲れやストレスなどが溜まると、すぐに悪影響がでることがあります。

例えば風邪をひいて体調をくずした時、
口のまわりに吹き出物ができたという経験はありませんか?

他にも女性の場合、生理によるストレスで吹き出物が増える、
というケースもよく見受けられます。

ストレスが溜まってしまうと、自律神経が正常に働かなくなり、
その影響でホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンは皮脂の分泌をコントロールいているので、このバランスが乱れると、
皮脂が過剰に分泌されてしまい、吹き出物の原因につながります。

適度な運動でストレスを発散したり、気分転換にストレッチをするなど、
なるべくストレスを溜めないように意識したいところですね。

ただ、なかなかストレスの原因を解決するのが難しい場合は、
ホルモンバランスを整えるサプリメントを飲むのがおすすめ。

サプリメントを飲むことで少し気持ちも落ち着きますし、
薬のような副作用もないので、吹き出物対策には適していると思います。

食生活にも注意しよう!

内面的な刺激として、もう一つ注意したいのは食生活。

偏った食生活や外食がつづいたり、アルコールを飲みすぎたりすると、
口まわりに吹き出物ができやすくなってしまいます。

とくに脂っぽい食事や、糖類の多い菓子などを好んで食べる人は、
皮脂の分泌が増えて吹き出物ができやすくなるので注意しましょう。

食べ過ぎも胃腸に負担をかけてしまい、
ホルモンバランスを乱す原因になるので気をつけたいですね。

口のまわりの吹き出物をすばやく治すには?

口元の吹き出物は、たっぷりと保湿してあげるのがすばやく治すコツです。

口のまわりは、頬や目元以上に乾燥しやすい場所なので、
洗顔後に化粧水や美容液をたっぷりつけて、肌を乾燥させないようにしましょう。

もし赤く腫れていたり、痛みを感じるような場合は、
内部で炎症が始まってしまっている証拠なので要注意。

炎症を抑える効果があるビタミンCが効果的なので、
ビタミンCが含まれているビーグレンの美容液などを使って患部をケアしましょう。
また普段から刺激を与えないように気をつけるのも大切です。

女性の場合は口紅などの化粧品がつかないように、気をつけてメイクすること。
その他、食事中に食べ物の汁がなどが触れると、患部を刺激してしまうので要注意です。

とくにラーメンや味噌汁などの液体系の食べ物に気をつけて下さい。
もし汁がついてしまったら、汚れをそのままにしないで、口まわりを水で軽く洗いましょう。

ティッシュや紙ナプキンなどでこすると、逆に刺激になってしまうのでNGです。

口元は良く動かす場所なので、自然と刺激を受けることが多くなります。
その分、気にしないとすぐに悪化してしまいますので、
他の部位よりも対策に注意して、早めにケアしましょう。


イブニングプリムローズの詳細はこちら

ビーグレンの詳細はこちら
ページの先頭へ戻る