妊娠中に吹き出物が増える原因と、化粧水によるケア方法

妊娠中の吹き出物対策

妊娠は10ヶ月の間に体が劇的に変化する、女性にとっては命がけの一大イベントです。
何もなかった状態から、赤ちゃんが育って生まれてくるわけですから、
それはそれは大きな変化ですよね。

そのために女性の体には、様ざまな影響が現れます。
妊娠初期の4ヶ月くらいまでは、つわりが起こりやすく、
食の好みが一時的に変わることがあります。

つわりの際には食べられるものを優先して食べるしかありませんが、
できれば脂質や糖質の高い食品は控えめにしておきたいところ。
脂質や糖質は皮脂が増えて吹き出物の原因になるので、取りすぎには注意しましょう。

妊娠中は肌が敏感になっているので、
普段以上に気をつけながら、お肌のケアを行いましょう。

妊娠中はホルモンバランスが劇的に変化します

妊娠中はホルモンバランスが劇的に変化します。
そのために皮脂の分泌が増えて、吹き出物ができやすくなる場合があります。

この時期にホルモンバランスが変化するのは仕方のないことなので、
吹き出物ができたら悪化させないように、気をつけることが大切です。

基本的には妊娠後期には肌の症状も落ち着いてくるので、
それまでは肌を清潔に保ち、保湿をしっかりすることを心がけましょう。

吹き出物が炎症を起こした際は、婦人科か皮膚科に相談して、
妊娠中でも使用できる薬を処方してもらいましょう。

この時期は肌が敏感になるので、普段使っていた薬が合わなくなることがあります。
また胎児への影響を考えると、ステロイドが含まれる薬はむやみに使わない方が無難です。

妊娠中はストレスがたまりやすい

妊娠中は気分が不安定になって、ストレスがたまりやすくなります。
このストレスは、妊娠によって体やホルモンが変化したことで起こる一時的なものですが、
ストレスがたまりすぎると、肌にも悪影響がでることがあるので気をつけましょう。

ストレスが増えると体内で活性酸素が発生して、
吹き出物ができやすくなってしまいます。

ある程度、気分の波ができてしまうのは仕方がないので、
自分なりのリラックス方法を見つけて、ストレスを溜めないようにしましょう。

妊娠中の吹き出物は沈着をおこしやすいので注意

妊娠中にできた吹き出物が悪化してしまうと、色素沈着が起こりやすくなります。
妊娠中は肌が敏感になるので、日焼けなどでシミが残りやすく、
吹き出物の跡もシミとなって残ることが多いので、注意が必要です。

また外出する際には日焼け止めを必ず塗って、
紫外線が直接肌にあたらないようにしましょう。

紫外線も肌にダメージを与えて、吹き出物の原因になり、
色素沈着を進めてしまうからです。

妊娠中の吹き出物の治し方

妊娠中は使える薬が限られてしまうので、
基本的なスキンケア対策をしっかりやって、症状を悪化させないようにします。

まずは洗顔方法を見直してみましょう。
洗浄力が強すぎる洗顔料は、肌にとって必要な皮脂まで取り除いてしまい、
皮膚のバリア機能を低下させてしまいます。

できれば肌に優しい、クレイタイプの洗顔料などを使いましょう。
クレイ(泥)はこすらずとも汚れを吸着して落とす働きがあるので、
肌に刺激を与えずに、毛穴につまった汚れを取り除くことができます。

他のページでもおすすめしているビーグレンのトライアルセットに、
肌に優しいクレイタイプの洗顔料が含まれています。

そして、肌の乾燥は吹き出物の大きな原因になるので、保湿対策は重要です。

洗顔よりも保湿を重視したいという場合は、
ルナメアACのニキビケアセットを選ぶのもいいですね。

洗顔料にはクレイが使われていますし、
肌質に合わせて化粧水が2種類選べる点は嬉しいところ。

また、長時間うるおいをキープできるという保湿ジェルクリームは、
かなり高く評価されています。

とにかく、刺激の少ない洗顔と十分な保湿、
この2点に注意して、吹き出物ケアを続けるのがいいでしょう。

どうしても症状が良くならない場合には薬の使用も考えますが、
その際は必ず医師に確認を取った上で使って下さい。

化粧品であれば副作用の心配はほとんどありませんが、
薬(医薬品)になると、効果が強い分、副作用の心配も増えるからです。

できれば、化粧品だけで症状が抑えられるよう、
吹き出物予防も含めたケアを考えたいですね。


ビーグレンの詳細はこちら

ルナメアACの詳細はこちら
ページの先頭へ戻る