背中に吹き出物ができる原因と、正しい治し方

背中の吹き出物対策

背中は、実は体全体でも吹き出物ができやすい場所の一つです。

背中の皮膚は、顔のTゾーンに近い肌質を持っているため、
皮脂が比較的多く、丁寧なケアをしなくてはなりません。

とはいえ、背中には手が届きにくいですし、
顔と違って見えづらい場所でもあるため、ケアに困っている人もいると思います。

普段は服で隠れているからと油断していると、
たくさんの跡がシミのように広がってしまうので注意して下さい。

背中を洗う時、ゴシゴシこすっていませんか?

背中に吹き出物ができてしまう原因として、もっとも多いのは、
お風呂に入るときに雑に洗ってしまうことです。

背中の皮膚は、顔に比べて丈夫だと思い込んでいませんか?

多くの人が、お風呂に入った際にボディタオルで
ゴシゴシと強めにこすってしまっていると思います。

これが肌に強い刺激を与えてしまい、
吹き出物ができてしまう原因になっています。

また、お風呂に入ったときだけではなく、汗をかいたときも一緒です。

背中の汗を拭く際に、タオルをたすきのように持って、
両手でゴシゴシ拭いたりしていませんか?

これも当然刺激になってしまっているので、
背中を拭く時は、顔と同じくらい繊細だということを忘れずに、
丁寧に汗を拭き取ってあげましょう。

シャンプーやコンディショナーの洗い残しに要注意!

もう一つ、背中に吹き出物ができる大きな原因になるのが、
シャンプーやコンディショナーをした後の洗い残しです。

特に髪の毛が長い女性は要注意。

シャンプーやコンディショナーをした後、髪の毛が肩や背中に触れると思いますが、
ちゃんとお風呂から上がる前に、触れた部分を洗い流していますか?

シャンプーやコンディショナー剤が肌の表面に残っていると、
肩や背中の毛穴をつまらせて、吹き出物の原因になります。

髪の毛が長い人は、お風呂から上がる前にちゃんとシャワーで洗い流しましょう。

乾燥によるかゆみに注意しよう

背中に吹き出物ができてかゆみがある場合は、
肌が乾燥していることが原因かもしれません。

顔と同様に、背中のも乾燥すると吹き出物ができやすくなります。

肌の水分が不足すると、肌表面の角質が硬くなってはがれにくくなるため、
どんどん厚くなって毛穴を狭くしてしまうからです。

顔に比べて、背中の保湿を気にする人はほとんどいませんが、
もし背中にかゆみがあるなら保湿を意識してみましょう。
顔と同様に、保湿用の化粧水や美容液をつけてあげればOKです。

また化繊の下着類はなるべく避けて、
保湿力の高い天然素材を選んであげると治りやすくなります。

背中の吹き出物には顔と同じケアを

背中の吹き出物が炎症を起こすと、衣類に触れて痛い上に、
仰向けに寝るだけで症状が悪化してしまうので、初期段階で治すことがとても大切です。

吹き出物ができるメカニズム自体は顔と同じなので、
丁寧にケアをしてあげましょう。

具体的には、

  • 常に清潔に保つこと
  • 刺激の強すぎない洗顔料で優しく洗うこと
  • しっかり保湿をすること
  • ビタミンCで肌のターンオーバーを促すこと

という点を抑えておけば大丈夫です。

早く治したいという人は、ビタミンCが一番効果的なので、
ビーグレンの美容液を厚めに塗ってあげると治りが早いです。

ただ、ビーグレンのように化粧水と美容液が分かれている場合、
手が届きにくい背中に塗るのはちょっと面倒です。

また、ビーグレンの化粧水や美容液は、どちらも水っぽいので、
背中に塗ると垂れやすくて、少し塗りづらいかもしれません。

そういった場合は、ジェル状になっているジュエルレインがおすすめです。

ジュエルレインは背中ニキビ専用の化粧品として作られているので、
垂れないようになっていて、また一回塗るだけでケアができます。

ビタミンCの有無で考えればビーグレンの方がおすすめですが、
塗りにくいのが嫌という人は、ジュエルレインでケアしてあげましょう。


ビーグレンの詳細はこちら

ジュエルレインの詳細はこちら
ページの先頭へ戻る