セラミドやヒアルロン酸など、肌の保湿に効果が高い成分まとめ

きれいな肌の人はみんな知っている肌ケアの基本、それは保湿です。どんな肌質の人でも、どんな肌トラブルがある人でも、保湿は最重要課題です。でも、「どの保湿成分が入っているものを買えばいいの?」そう疑問に思っている人も多いでしょう。

保湿成分には、効果が高いものや低いものがあり、働き方もそれぞれ異なります。ここでは、成分の種類と特徴をまとめて紹介するので、保湿用スキンケア商品を選ぶときの参考にしてみましょう。

保湿成分3つの分類と効き目の強さ

保湿成分にはそれぞれ機能に違いがあり、大きく次の3つに分類することができます。保湿効果にも差があるので、それぞれの特徴とどのような成分があるのかを覚えておきましょう。

これまでスキンケア商品をなんとなく選んできた人も、成分表示ラベルを見て、効果的なものを自信をもって選べるようになるでしょう。

水分を挟み込む保湿成分

この機能をもつ保湿成分をまとめて、「角質細胞間脂質グループ」と呼ぶこともあります。セラミドやスフィンゴ脂質、セラミドに近い成分であるレシチンなどがあり、保湿成分の中で最も効果が高いグループといえます。

肌の最も表面にある角質層では、角質細胞がレンガのように何層にも重なりながら並んでいます。レンガの隙間を埋めているセメントのように、角質細胞の隙間を埋めているのが、角質細胞間脂質です。隙間をふさいで水分が蒸発するのを防ぐとともに、水分を挟み込む力があります。

この角質細胞間脂質の40%にのぼるメインの成分がセラミドで、保湿機能の大部分を担っています。そのため、セラミドはスキンケア製品によく使われています。

水分を抱え込む保湿成分

これらは「真皮成分グループ」とも呼ばれます。肌の表皮よりもっと深いところにあるのが真皮です。この真皮にもともと含まれる保湿成分が、スキンケア商品に配合されています。

ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲン、ヘパリン類似物質などの保湿成分があり、これらは水分をしっかり抱え込んでキープする力があります。「角質細胞間脂質グループ」に次いで保湿力が高い成分です。

ただし、スキンケアとしてこれらを補給しても、残念ながらそのまま真皮まで浸透することはありません。角質層にとどまって、そこで水分を抱え込んで保湿の働きをします。

水分をつかむ保湿成分

最後は「角質細胞グループ」です。保湿力はほかの2つのグループほど強力ではありませんが、水分を吸収して結合する力をもつ成分です。このグループには、角質細胞の中に存在する天然保湿因子=NMFが入ります。天然保湿因子は、およそ20種類の成分でできていて、保湿成分として有名な尿素やアミノ酸を含んでいます。

以上3つのグループのほか、保湿成分としてオイルを思い浮かべる人も多いでしょう。オイルについてはよく「肌の水分が蒸発しないよう、最後に塗ってフタをする」といわれますが、実際にはフタの役割を果たすことはできません。油を塗っても内部の水分は蒸発してしまい、保湿効果はあまり期待できないので、ここでは取り上げません。

では、これら3つのグループに含まれる保湿成分を、一つ一つ解説していきましょう。

セラミド 〜保湿レベル・強〜

セラミドには、数ある保湿成分の中でも最も頼りがいのある、パワフルな保湿効果があります。表皮の内部で水分をサンドイッチのようにしっかり挟み込み、蒸発するのを防ぎます。肌にセラミドを補充すると、保水能力が格段にアップするだけでなく、外からの異物や細菌の侵入を防ぐので、肌荒れの予防にもなります。

ただしセラミドは、スキンケア商品の原料としては高価です。そのため配合量が少なかったり、類似成分が使われていたりすることが少なくありません。本物のしるしは、成分表に「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」というように、後ろに数字がついた形で表示されているものです。高い保湿力が期待できるのは、「1〜3」と覚えておきましょう。

スフィンゴ脂質 〜保湿レベル・強〜

細胞間脂質の構成成分のうち、セラミド以外の成分をスフィンゴ脂質といいます。保湿力の高さではセラミドに負けますが、性質が近く、水分を挟み込んでしっかりキープします。保湿効果のほか、紫外線によるメラニンの生成を抑える働きがあるので、シミやシワの予防効果もあります。

この成分は動物由来のものがほとんどですが、植物由来の「フィトスフィンゴシン」や、化粧品メーカーによって化学的につくられた「スフィンゴリピッドE」という合成成分も、スフィンゴ脂質と同じ働きをします。

レシチン 〜保湿レベル・中〜

セラミドに近い成分でありながら、大豆から安価につくることができるので、スキンケア商品によく用いられています。保湿だけでなく、肌の構造をしっかりつくり上げる効果もあるので、肌にピンとしたハリをもたらします。

豆腐や納豆などの大豆製品、卵黄、ナッツ類、レバー、小魚、うなぎなどを食べることにより、身体の内側からレシチンを摂り、美肌作用を得ることもできます。

ヒアルロン酸 〜保湿レベル・中〜

肌の真皮にあるゼリー状の成分で、ヒアルロン酸そのものの量の約300〜600倍の水分を保持する力があります。スキンケアとして肌に塗った場合、真皮にまで届いて保湿する効果はありません。しかし、角質層で水分を抱え込む力を発揮し肌をしっとりさせます。

ヒアルロン酸は安くつくることができるため、よく使われています。いくつか種類があり、最も多く使われているのは「ヒアルロン酸Na」です。その2倍の保水力がある「アセチルヒアルロン酸Na」は、スーパーヒアルロン酸と呼ばれ、さらに高い効き目が実感できます。

コラーゲン 〜保湿レベル・中〜

肌の真皮の70%を占める成分です。水分をがっしり抱え込んで、肌をしっとりさせます。また、繊維状の構造をしているため、肌にピンとしたハリやモチモチとした弾力をもたらします。スキンケアとして肌に塗って使用しても、真皮には浸透しませんが、角質層にとどまって保湿力を発揮します。

コラーゲンを食べ物から摂ると、体内の保有量を増やすことができます。鶏の皮や手羽先、軟骨、牛スジ、豚バラ肉、魚の皮、カレイ、くらげ、うなぎ、スッポン、ふかひれなどに豊富に含まれています。また、ドリンクやカプセル、パウダー状のサプリメントとしても多く販売されています。

エラスチン 〜保湿レベル・中〜

エラスチンはもともと真皮にあるたんぱく質の一種で、肌細胞の主成分であるコラーゲンをつなぎ止めるように支えることによって、頑丈な構造をつくります。そしてその隙間をヒアルロン酸がクッションのように埋めて肌をふっくらとさせ、水分を豊かに保ちます。

真皮の構成成分の2%とごく少量しかありませんが、非常に重要な存在価値があります。かつてはつくるのが難しかったエラスチンですが、近年の技術開発で水溶性エラスチンが生産できるようになり、さまざまなスキンケア商品に配合されるようになりました。

機能の上から、エラスチン単体でなく、ヒアルロン酸やコラーゲンと一緒に配合されているものを選ぶと、より効果が実感できるでしょう。

ヘパリン類似物質 〜保湿レベル・中〜

もともとヘパリンは血液中の成分の一つですが、水分を保持する能力が高いので、類似物質が肌の保湿のために使用されるようになりました。ヘパリンは、最もパワフルな保湿成分であるセラミドを増やす効果があります。

肌の乾燥を予防、改善できるだけでなく、血行もよくするので、肌のかさつきや角皮症、かゆみ、しもやけ、アトピー性皮膚炎にも用いられます。

乾燥系の肌荒れで皮膚科を受診すると、「ヒルドイドローション」「ヒルドイドクリーム」「ヒルドイド軟膏」などを処方されることがあります。よく効くと評判の高い医薬品ですが、その主成分もヘパリン類似物質です。

天然保湿因子=NMF 〜保湿レベル・中〜

天然保湿因子は、Natural Moisturizing Factorの頭文字をとってNMFと呼ばれます。角質細胞の中にある20種類ほどの成分の総称で、ほとんどがアミノ酸やミネラルです。それらが空気中の水分や真皮内の水分を吸湿して、肌の潤いを保つ働きをします。

NMFは、肌の新陳代謝であるターンオーバーによって生まれますが、無駄な皮脂や古い角質が残ったままの肌では、うまく働くことができません。また、過度な洗顔、多量の汗、肌への摩擦によって失われます。

さらに日焼けやアトピー、吹き出物などの肌トラブルが起きているときにも流出してしまうので、しっかり補充することが大切です。

乾いた肌をしっとりさせたい。そんなとき、肌に化粧水をたっぷり注いでも、それは砂漠に水をまくようなものです。ここで紹介したような、水分をしっかりつかまえてくれる保湿成分を補給して、潤いをキープする力をつけましょう。

最も効果的なのは、セラミド配合のスキンケア商品です。安価なものは配合量が少ないこともあるので、その点も含めて保湿効果を見極めることが大切です。

ページの先頭へ戻る