エアコンやクーラーが吹き出物の原因になるわけ

エアコンやクーラーは空気が乾燥するので、
長時間エアコンなどがきいた部屋で過ごしていると肌も乾燥します。

吹き出物というと肌がべたついて脂っぽいイメージが強いと思いますが、
実は乾燥肌も吹き出物の原因になるんです。

肌が乾燥すると角質が硬くなりターンオーバーを妨げて、角質層が厚くなってしまいます。
そのため毛穴がつまりやすくなり、吹き出物ができやすい状態になるのです。

とくに夏場の冷房は体が冷えすぎるために、血行が悪くなり、
冷え性や肩こりが酷くなる場合があります。
血行が悪くなると新陳代謝も停滞するので、肌に新鮮な血液が届かなくなります。
このことも吹き出物の一因になっています。

夏場の肌は乾燥とは無縁と思っている人もいるかもしれませんが、
実は冬場以上に乾燥しやすい環境になっていることを覚えておきましょう。

乾燥と冷え対策をして、吹き出物を防ぎましょう

肌をエアコンなどの乾燥から守るためには、保湿がなにより大事です。

たっぷりの保湿で角質層を柔らかくしておくことで、
ターンオーバーが活発になり、吹き出物ができにくくなります。
洗顔後は化粧水をたっぷりつけて、肌に浸透させましょう。

また体が冷えすぎないようにエアコンの設定温度を上げたり、
上着を着るなど、冷え対策をして血行を滞らせないように気をつけましょう。
半身浴で体を芯から温めるのも効果的です。

できてしまった吹き出物は刺激せずに、こまめな洗顔と保湿で改善しましょう。
ただし洗浄力の強すぎる洗顔料は、皮脂を取りすぎて肌がさらに乾燥してしまうので、
クレイ(泥)タイプなどの洗浄力がやさしい洗顔フォームを選びましょう。

ページの先頭へ戻る