紫外線が吹き出物の原因になるわけ

紫外線が肌に与えるダメージというと、日焼けによるシミ、そばかすのイメージですが、
実は吹き出物の原因にもなるんです。

紫外線を浴び続けると、紫外線から肌を守るために角質が厚くなります。
そのため古くなった角質が毛穴につまって、吹き出物ができやすくなるのです。

また紫外線によるダメージで肌のバリア機能が低下することも、
吹き出物を悪化させる一因になっています。

さらに紫外線を受けると、肌を守ろうとして活性酸素が発生します。
活性酸素は肌の健康な細胞まで破壊するので、
肌を老化させたり吹き出物の炎症がすすんで、重症化することもあります。

それくらい紫外線は、肌への害が強いということが言えますね。

紫外線ケアは吹き出物ケア

紫外線ケアは美白対策としてだけでなく、吹き出物ケアにもとても重要です。

上に説明したように、紫外線の肌へのダメージは強力なので、
無防備に紫外線を浴び続けることはとても危険です。
紫外線が強くなる夏場は、加えて汗がホコリを吸着して毛穴も汚れやすいので、
吹き出物対策はとくに気をつける必要があります。

毎朝、出かける前に日焼け止めを塗って、できるだけ肌の露出を控えるようにしましょう。
顔の部分は帽子をかぶるなどして、紫外線が直接当たらないように工夫してみてください。

また毛穴ケアもしっかり行いたいところです。
洗顔はやさしい洗浄力の洗顔料で丁寧に洗い、その後は化粧水でたっぷり保湿しましょう。
紫外線を受けた肌は角質が硬くなりやすいので、保湿で肌を柔らかくしておくことが重要です。

とくにできてしまった吹き出物は、乾燥が炎症を悪化を促進させるので、
表面が乾かないよう、吹き出物にもたっぷり化粧水をつけましょう。

ページの先頭へ戻る