睡眠不足が吹き出物の原因になるわけ

睡眠不足や徹夜が続いて、肌の調子が悪くなったり、吹き出物ができた経験はありませんか。
睡眠は肌の健康に密接に関係しているので、
健やかな睡眠が得られているかどうかが、肌の健康を左右します。

皮膚は日中、紫外線やホコリなどを浴びてダメージを受けます。
昼間のダメージを修復して、新しい細胞が生まれるのが睡眠中です。
この肌のターンオーバーをコントロールするのが、自律神経の働きですが、
自律神経を整えるためには健やかな睡眠が不可欠なんです。

睡眠不足が続くと肌荒れを起こしやすいのは、肌のダメージが残ったまま、ターンオーバーが停滞するためです。
そのため吹き出物もできやすくなってしまうんですね。

肌に良い睡眠とは

肌のターンオーバーがとくに活発になるのが、夜22時〜2時です。
この間に良い睡眠をとっていることは、肌にとってもとても重要です。
できるだけこの時間に眠るように心がけましょう。

睡眠時間がたっぷり取れない人も、最低でも5〜6時間は眠りたいところです。
睡眠のリズムを整えると、少ない時間でも質の良い睡眠をとることができるので、
一定の時間に眠るよう習慣を整えましょう。
逆に、寝る時間が一定でないと、自律神経の働きが整いにくくなるので、
ホルモンバランスが崩れたり、肌のターンオーバーが遅れる原因になります。

規則正しい生活は健康の基本です。
質の良い睡眠で肌を活性化させて、吹き出物ができにくい肌を保ちましょう。

ページの先頭へ戻る