タバコは肌の大敵です

タバコは「百害あって一理なし」というように、
肌にとっても悪い影響しかありません。

喫煙でニコチンが体内に入ると、活性酸素が発生して健康な細胞を破壊するので、
吹き出物が炎症を起こして悪化する原因になるのです。
活性酸素は外敵が体に進入したときに、攻撃して体を守る働きがありますが、
喫によって活性酸素が過剰に発生するので、体にも肌にも負担がとても大きいんです。

またタバコを吸うと、毛細血管が萎縮して血流が悪くなることも肌にはマイナス要素です。
新陳代謝が乱れて肌のターンオーバーが停滞しやすくなるので、
肌トラブルが起こりやすく、治りにくくなるためです。
もともと吹き出物ができている人は、肌のターンオーバーが遅れると、
肌表面に古くなった角質が厚く重なっていくので、吹き出物が悪化しやすくなります。

さらにタバコはビタミンCを破壊して、肌のハリやつやを奪います。
ビタミンCには炎症を抑える働きがあるので、喫煙でビタミンCが損なわれると、
吹き出物の炎症が進んで重症化してしまうこともあります。

さらにタバコは本人が吸うだけでなく、周囲の人にも悪影響があります。
副流煙に含まれる有害な物質を吸ってしまったり、
煙となって肌に触れたりするのも、肌の健康にや良くないので注意しましょう。

このようにタバコは美肌の大敵ともいえる存在です。
喫煙をしている人はもちろんですが、周囲に喫煙者がいる人も、
肌の健康を損なう恐れがあることを覚えておきましょう。

ページの先頭へ戻る