長時間のメイクはできる限り避けるのが基本

社会人ともなればメイクは必須ですが、長時間のメイクが肌の負担になって、
吹き出物を悪化させることがあります。

メイク化粧品は肌との密着性を高めて、肌を美しく魅せるように研究されています。
これは女性にとっては嬉しいことである反面、
肌との密着度が高いほど、毛穴につまる可能性が高くなり、
吹き出物の原因にもなることを覚えておきましょう。

メイクしている時間が長いほど、肌への負担は大きくなるので、
負担を軽くするためには、外出先から戻ったらすぐにメイクは落とすことが大切です。
仕事でどんなに疲れて遅く帰宅しても、そのまま寝るのは厳禁です。
「一晩メイクを落とさなかったら、1ヶ月肌が歳をとる」とも言われるほど、
メイクの落とし忘れは肌への悪影響が大きいんです。

休日はメイクオフで過ごして、肌も休ませてあげるようにしましょう。

吹き出物ができたときのメイク術

大人になってからの吹き出物は原因も様ざまなので、
肌を清潔に保っているつもりでも、吹き出物ができてしまうこともありますよね。
吹き出物があるときは、メイクはしないのがベストですが、
仕事などの関係で、メイクをしなければならない場面も多いものです。

そんなときは、吹き出物を避けてメイクをしたり、
ポイントメイクで吹き出物が目立たないように工夫することをおすすめします。

ファンデーションを厚塗りすると、毛穴につまって吹き出物を悪化させるので逆効果です。
できるだけうす塗りにしたり、患部を避けてファンデーションをつけるようにしましょう。

また広範囲に吹き出物がある場合は、アイメイクや口紅などのポイントメイクを工夫して、
できるだけファンデーションフリーにすることを心がけましょう。

肌の炎症が落ち着くまでは、肌に赤みが残ると見た目が美しくないので辛いものですが、
隠そうとすればするほど、吹き出物は悪化するものです。
色つきの日焼け止めなどを利用して、できるだけ肌への負担を少なくしましょう。

ページの先頭へ戻る