吹き出物の跡を消したい人はハイドロキノンが効果的

吹き出物が治っても、一度炎症などを起こしたり化膿してしまうと、
ニキビ跡に色素が沈着したり、クレーター状の跡が残ることがあります。
とくに大人になってからのニキビ跡は、肌のターンオーバーも遅くなっているために、
跡が残ってなかなか消えなくなっています。

「ハイドロキノン」はシミなどの色素が沈着した部分に働きかけて、
美白効果を発揮するとして、今最も注目されている成分の一つです。

その秘密は、ハイドロキノンの「チロシナーゼ」抑制機能にあります。
チロシナーゼはメラニンを黒色化させる酵素ですが、
ハイドロキノンはチロシナーゼの働きを抑制して、メラニンの色素沈着を防ぐ作用があるんです。
さらにその高い効果から、できてしまったシミを消す効果も期待できます。

シミが消えるまでにはそれなりに時間がかかりますが、
使い続けることで効果を実感できるはずです。
また使用にあたっては、UVケアとあわせて行うことが大事です。
せっかくの効果を半減させないためにも、日中のUV対策はしっかり行いましょう。

ハイドロキノンとビタミンCを合わせて使うと効果的

ハイドロキノンの高い美白効果に加えて、
ビタミンCの美白効果もあわせて使うことで、ニキビ跡の改善が促進します。

ビタミンCには褐色になったメラニンを淡色化する効果があるので、
ハイドロキノンと併用することで、相乗効果が得られます。

またビタミンCには肌のターンオーバーを促進させたり、
コラーゲンの生成を助ける働きもあるので、傷ついた肌の回復が早まります。
ニキビ跡がクレーター状になってしまった場合は、
傷が定着していなければ、ビタミンCを浸透させることで、
ある程度は回復する可能性があります。

高濃度のビタミンC美容液などを使って、
早めに対処することで、ニキビ跡の治りも早くなるので、
ニキビ跡が気になる人は、早速スキンケアに加えてみることをおすすめします。

ページの先頭へ戻る