一般的な化粧品と治療薬(医薬品)では効果がどう違うの?

吹き出物対策に用いられる化粧品は、
吹き出物の原因となる毛穴のつまりを防ぐことや、
皮脂の分泌を抑えることが目的です。

肌全体に働きかけて、肌の調子を整えることで、
吹き出物の悪化を進行させないようにしています。

つまり出来てしまった吹き出物や炎症を起こしている吹き出物に、
ピンポイントで働きかけるわけではないんです。
肌そのものを健康にして、
その結果として、吹き出物を改善したり、吹き出物ができにくい肌にしようとしているわけですね。

そのため、炎症が悪化してしまっている場合は即効性はなく、
炎症がなかなか治まらないこともあります。

治療薬の目的と効果

吹き出物の治療薬は、主に炎症を起こした吹き出物に処方される場合が多いようです。
一度、吹き出物が炎症を起こしてしまうと、自己流のスキンケアだけでは、
なかなか改善しないので、この際には抗生剤などを含む治療薬が効果的です。

治療薬はニキビ菌を殺したり、炎症を鎮めることが目的なので、
直接的な効果は強くなりますが、肌への負担も大きいことを覚えておきましょう。

肌には常在菌として、肌の健康に必要な菌もたくさん含まれています。
治療薬はこうした必要な菌まで殺してしまうため、
肌が一時的に不安定になり、使用後に肌荒れを起こす場合もあるんです。

薬の種類によっては肌への負担も大きいので、
自己判断で使い続けることは危険です。

薬はあくまでも一時的な対処法として用いて、
生活や食事を改善したり、正しいスキンケアを心がけるなど、
根本的な対策をして素肌を健康に保つことが必要です。

ページの先頭へ戻る