化粧水や美容液の重ねづけはしてもいいの?

乾燥肌は肌のターンオーバーを遅らせて、吹き出物の原因になります。
そのため大人になってからの吹き出物対策には、
肌の乾燥対策も欠かせないんです。

吹き出物というと肌がべたついて、皮脂が多い印象が強いと思いますが、
乾燥が進みすぎたために、肌の自助作用が働いて、
皮脂が過剰に分泌されていることがあります。

つまり皮脂を取ろうとやっきになることで、
さらに皮脂の分泌を促してしまっているんですね。

大人の吹き出物対策で大切なのは、肌の保湿です。
肌が柔らかく潤っていることで、肌のターンオーバーが進み、
吹き出物も治りやすくなるんです。

化粧水を浸透させた後に美容液をつけることで、保湿効果が高まります。
吹き出物ができると、肌をさっぱりさせようとして、
保湿をおろそかにしがちですが、吹き出物ができたときこそ保湿が大切です。

油分の入った化粧水はNG

吹き出物対策には、油分の入っていない化粧水を選ぶようにしましょう。

化粧水の中には保湿効果を上げるために、
油分を配合しているものがありますが、吹き出物ができているときには、
皮脂と混ざって毛穴につまりやすくなるので、おすすめできません。

また油分が含まれていると、少しの量でも潤った感じがしてしまい、
化粧水をつける量が少なくなってしまう傾向があります。
保湿効果を上げるなら、たっぷりの化粧水を浸透させることが必要です。

とくに乾燥しやすい季節や、エアコンのきいた部屋で長時間過ごしている人は、
意識して化粧水を大目につけるようにしましょう。

また美容液は化粧水の水分を閉じ込めるだけでなく、
肌に必要な栄養素を効果的に届ける働きもあるので、吹き出物対策にも活用したいアイテムです。
とくにビタミンC配合の美容液は、
吹き出物の炎症を抑えてニキビ跡を修復する作用があるのでおすすめです。

ページの先頭へ戻る