毎日使うパフは常に清潔に保つこと

メイクに使うパフやブラシは雑菌がつきやすく、菌が増殖しやすいので扱いには注意が必要です。
いくらスキンケアに気をつけて、肌を清潔にしていても、
メイク道具が汚くては意味がありません。

とくにファンデーションを塗る際に使うパフは、
湿気や皮脂がつきやすいため、雑菌が増殖しやすくなります。
汚れたパフを使いつづけることは、肌に雑菌を塗るのと同じこと。
吹き出物ができやすいばかりか、炎症の原因にもなる可能性があります。

吹き出物がなかなか治らない人は、
毛穴がつまって中で雑菌が増殖しているかもしれません。

パフは肌に直接触れるメイク道具です。
毎日手入れをしっかりして、気持ちよく使うようにしましょう。

パフのお手入れの仕方

パフのお手入れの仕方は簡単です。
中性洗剤などでもみ洗いをして、ファンデーションを落とし、
流水で洗剤が残らないように、よくすすぎます。
軽くしぼったら、日陰干しで乾かしましょう。

パフは毎日つかうので、できれば2個以上用意して、
洗い替えをしながら使うと、清潔に保つことができます。
最低でも1週間に一度は洗って、汚れを落としましょう。

また古くなって素材が硬くなると、
肌への刺激が強くなって、吹き出物を悪化させる原因になるので、
使用は避けた方が無難です。

ブラシ類も毛の部分を同じように中性洗剤か、
ブラシ用の洗剤でもみ洗いして、キレイにしましょう。
手入れが悪いとブラシの寿命自体も短くなるので、
肌のためにも道具のためにも、こまめなお手入れを心がけましょう。

ページの先頭へ戻る