無理にお化粧を我慢すると、逆にストレスで吹き出物が悪化することも

吹き出物ができていてもメイクをしたい人は多いと思います。
メイクは肌を美しく魅せるという実質的な機能だけでなく、
女性にとっては楽しみの一つでもあるからです。

吹き出物ができた場合は、できればメイクを避けた方が治りは早くなりますが、
メイクできないことがストレスになってしまうことも。

精神的なストレスは吹き出物の原因になるので、
メイクを我慢するあまり、ストレス過多になって、
吹き出物を増殖させては意味がありません。

メイクできないことで人前に出るのが億劫になったり、
ストレスを強く感じるのであれば、
メイクを工夫してみてはいかがでしょうか。

メイク方法を工夫して、メイクを楽しみましょう

吹き出物ができているときには、ポイントメイクや薄めのメイクなど、
吹き出物の負担にならないメイクを工夫しましょう。

ファンデーションの厚塗りは毛穴をつまらせて、
吹き出物を悪化させるので避けてください。
水系のファンデーションやパウダリー系のファンデーションで、
肌への負担軽くしてあげましょう。

肌の赤みが気になる部分には、色つきの下地やフェイスパウダーで調整したり、
アイメイクや口紅などのポイントメイクでメリハリをつけるのもおすすめです。

吹き出物ができている時期は、不快な症状に加えて、
見た目やメイクができないことなど、ストレスが重なりやすいものです。
上手にメイクを楽しみながら、ストレスをためないように気をつけましょう。

ページの先頭へ戻る