ケミカルピーリングを受ければ吹き出物はよくなるの?

ケミカルピーリングは肌に特殊な薬液をつけて、
肌の表面を削って新しい肌の再生を促す治療方法です。

過剰な皮脂や、毛穴のつまりの原因となる角栓を除去する効果があり、
白ニキビや黒ニキビなどの初期段階の吹き出物治療に有効とされています。

吹き出物のそもそもの原因は、毛穴のつまりなので、
ピーリングで毛穴のつまりを取り除くことで、吹き出物が治りやすくなります。

また肌表面の古い角質層を取り除くので、
肌のターンオーバーが促進して、ニキビ跡の色素沈着や開いた毛穴の改善にも有効です。

治療については、皮膚科や美容クリニックなどで行われていますが、
保険適用ではないので、治療費用が高額なことがデメリットです。

ケミカルピーリングの副作用

ケミカルピーリングは肌の最上部の表皮を削る治療なので、
表皮が再生するまでの間は、肌の抵抗力が弱くなりダメージを受けやすくなります。
治療後は肌が赤くなるので、できるだけ刺激を避けるようにしましょう。

また吹き出物が既に炎症を起こして化膿している場合は、
治療することで、かえってニキビ跡ができやすい状態になるので、
吹き出物の進行具合によっては、治療が受けられない可能性があります。

ケミカルピーリングは肌への刺激が強いため、
肌がもともと薄い人や乾燥肌の人には適しません。
治療後も紫外線対策はもちろん、ダメージケアが重要になるので、
簡単に治るからと安易に行うのは危険です。

あくまでも最終手段として考えて、まずはスキンケアで吹き出物を悪化させないことが大事です。

ページの先頭へ戻る