病院で処方される吹き出物治療薬について

吹き出物の治療で皮膚科を受診すると、症状の進行具合によって、
次のような薬が処方されます。

吹き出物の原因となる、ニキビ菌を殺菌するために「抗生物質」が処方されますが、
抗生物質は内服薬と塗り薬の量タイプがあり、症状に応じて医師が薬を選びます。

また吹き出物の症状が悪化して、炎症を起こしている場合、
炎症を鎮めるために「抗炎症剤」が処方されます。
一度、炎症が進んでしまうと、いくら抗生物質で菌を殺しても、
炎症は鎮まらないので、抗炎症効果のある薬で炎症を抑える必要があるからです。

いずれも即効性がある分、薬の作用が強いので、
症状が治まったら使用を止めるのが基本です。
とくに抗生物質は肌に必要な細菌まで殺してしまう可能性があるので、
使い続けると肌の抵抗力が落ちてしまいます。

こららの薬は必ず医師の指導の下、正しく使うようにしましょう。

抗生物質−目的と薬の種類

抗生物質は吹き出物治療に頻繁に登場するお薬です。
主にニキビ菌の駆除が目的で、毛穴の中で増殖したアクネ菌などを、
効果的に撃退して、吹き出物を治します。

抗生物質には、内服タイプと、外用薬タイプがあり、
それぞれの症状に応じて薬が処方されます。
黄ニキビなどのように症状が重症化している場合には、
傷に薬を塗ることが難しいので、内服タイプが処方されることが多いです。

それぞれの代表的な薬を紹介します。

内服薬タイプ
ミノマイシン、バナン、ルリッド、クラリシッドなど

外用薬タイプ
ダラシンゲル、ダラシンTローション、アクアチムクリーム、アクアチムローションなど

抗炎症剤−目的と薬の種類

抗炎症剤は傷口の炎症を抑える薬で、
吹き出物の治療では、ニキビが炎症を起こしたり化膿している際に処方されます。
炎症は放置すると、どんどん進行してしまうので、一旦炎症を鎮める必要があります。

吹き出物の原因に直接作用する薬ではありませんが、
炎症による不快な痛みなどの症状を鎮めてくれます。

抗生物質と同じく、内服タイプと外用薬タイプがあります。
代表的な薬は以下の通りです。

内服薬タイプ−ブルフェンなど

外用薬タイプ−スタデルクリームなど

皮脂分泌抑制剤−目的と種類

皮脂分泌抑制剤とは、過剰な皮脂を抑制して、
吹き出物の原因となる皮脂分泌をコントロールする薬です。

吹き出物の直接的な原因は、毛穴に皮脂がつまることです。
大人になってからの吹き出物は原因が複雑に絡み合って、
皮脂の分泌を過剰にしている可能性があります。
ストレスやホルモンバランスの崩れも、皮脂が過剰になる原因になるので、
体の内側からも皮脂の原因を抑える必要があります。

内服薬と外用薬のタイプがあり、
内服薬には、ビタミンBやホルモン剤など、皮脂の分泌を抑えたり。
皮脂分解力を高める成分が配合されています。

また外用薬は皮脂吸収力の優れた硫黄成分を含む薬が多いようです。
市販のニキビ用外用薬の多くにも、硫黄が含まれるので、馴染みがあるかもしれません。

内服薬タイプ
ビタミンB6、ビタミンC、女性ホルモン剤(メサルモンF、低用量ピル)など

外用薬タイプ
イオウカンフルローションなど

漢方薬−目的

吹き出物対策に漢方薬が処方されることがあります。
基本的には上記の薬が優先的に処方されますが、
効果が得られなかった場合に、漢方薬が出されることもあるようです。

漢方薬はそれぞれの体質を考慮して処方されます。
吹き出物の原因にも体質が関係するので、
体質や体調を整えることで、吹き出物を改善しようという考えです。
そのため即効性はありませんが、原因から絶つという意味では、
吹き出物の根本的な対策としても効果が期待できます。

基本的には内服タイプになり、次の生薬を含む漢方が出されることが多いようです。

漢方生薬
桂枝茯苓丸、当帰芍薬散など

漢方薬は「自然の生薬」とも言われ、作用が優しいイメージですが、
種類によっては作用が強いものもあるので、むやみに長期間使用することは危険です。
服用する際には医師や漢方医の指導の下、正しく服用するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る