ダラシンゲル、ダラシンTローションの効果や副作用について

ダラシンゲル、ダラシンTローションは、
クリンダマイシンという抗生物質を主成分とした、吹き出物の炎症に処方されるお薬です。

アクネ菌やブドウ球菌などの細菌を殺菌する作用があり、
吹き出物の原因を元から絶つことで、炎症を治します。

ゲルタイプとローションタイプがあるので、
肌のタイプや好みの質感で選ぶことができます。

使い方は1日2回洗顔後に患部に塗布します。
患部以外に塗ると、皮膚の健康に必要な菌まで殺してしまう可能性があるので、
塗り方には注意が必要です。

4週間以内に効果を実感できなければ、使用を中止して、
再度皮膚科に相談しましょう。

ダラシンゲル、ダラシンTローションの副作用

ダラシンゲル、ダラシンTローションの副作用は比較的少ないとされますが、
以下のような症状が出る場合があります。

・かゆみ
・刺激感
・かぶれ
・肌の赤み

肌には常在菌が存在していて、肌の健康にも役立っていますが、
抗生物質は殺菌力が強いために、吹き出物の原因菌だけでなく、
肌に必要な菌まで殺してしまう可能性があります。

そのため薬を塗ると、肌の免疫力が一時的に下がって、
上のような症状がでる場合があります。

そのため、予防的に薬を長期間使うと、肌本来の力が失われて、
肌トラブルを起こしやすくなるので注意が必要です。

薬をつけるときは、患部に限ってのみ塗布し、
吹き出物の炎症が治まったら、使用を中止するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る