ディフェリンゲルの効果や副作用、使用上の注意点

ディフェリンゲルは、皮膚科でのニキビ治療薬として、
2008年に認可された保険適用のお薬です。

それ以前は「ニキビは病気ではない」という認識のもと、
皮膚科での治療は積極的には行われていませんでした。
そのため吹き出物が悪化してから、皮膚科を受診して、
抗生剤などの強い薬が処方されることも多かったのです。

しかしディフェリンゲルは、吹き出物治療に特化した薬なので、
出来始めの吹き出物にも、炎症を起こしている赤ニキビにも使用することができます。

その点では、ディフェリンゲルの登場は吹き出物治療にとって、とても大きな出来事でした。

ディフェリンゲルの作用は、角質による毛穴の閉塞を改善して、
毛穴のつまりを取り除くことです。
吹き出物は、毛穴の中に皮脂や汚れがつまることで、
ニキビ菌が増殖して炎症に至っているので、
毛穴を開通することが改善には欠かせません。

ディフェリンゲルはこの作用が優れているとして、注目されています。

ディフェリンゲルの使い方と副作用

ディフェリンゲルは1日一回、洗顔後にゲルを患部とその周囲に塗布します。
その後は手をよく洗うことが推奨されています。

というのも、ディフェリンゲルは肌の表面を薄く削って、毛穴の塞ぎを解消する作用があり、
患部以外につけてしまうと、肌がむけてくる可能性があるからです。

実はこれこそがディフェリンゲルの副作用です。
使用開始直後は、肌が薬に慣れていないので、
1ヶ月ほどは肌が乾燥して、ピリピリしたり、赤みを帯びることも。
そのため一見、吹き出物が悪化したように見えてしまう場合があります。

ディフェリンゲルは角質の生成を抑制して、毛穴を開通させるので、
使用中は角質が薄くなって、肌のバリア機能が低くってしまいます。
そのために肌が乾燥したり、刺激に対して敏感に反応するようになるんですね。

吹き出物の炎症が治まるまでの1ヶ月程度は、
こうした副作用が続く可能性があるので、用法を守って正しく使うことが必要です。

ページの先頭へ戻る