吹き出物の治療のために低用量ピルを使うことがあるって本当?

低容量ピルは一般的には避妊薬として使用される薬ですが、
吹き出物対策としても用いられることがあります。

それは吹き出物の原因が月経前症候群(PMS)であるときです。
PMSは排卵後から月経までの2週間程度の間に起こる、
心身の不調のことで、その一つとして吹き出物が増える場合があります。

排卵後はホルモンのバランスが変わるために、
皮脂分泌が増えることがあり、このことが吹き出物を増やす原因になっています。

月経前の期間限定の症状とは言っても、
吹き出物が増えて肌が汚くなることには抵抗がありますよね。
吹き出物ができることがストレスになって、
さらに吹き出物を悪化させているケースもあるので、
症状が辛いときには、皮膚科や婦人科に相談することをおすすめします。

低容量ピルの副作用

低容量ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの、2種類のホルモンを含む錠剤タイプの薬です。

ピルを服用すると、ホルモンバランスが妊娠中と同じ状態になり、
排卵が起こらなくなります。
そのために避妊ができるわけですね。

つまり、ピルは人工的にホルモンバランスをコントロールする働きがあるのです。
そのためホルモンバランスの変化に対応するまでに、
吐き気やイライラ、気分の落ち込み、不正出血、乳房の張りなどの副作用が現れることがあります。
通常はこうした副作用は2〜3ヶ月程度でなくなります。

ただし副作用の症状が辛い場合には、再度婦人科に相談することをおすすめします。

ページの先頭へ戻る